無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« シイタケ気分 | トップページ | 臭いで感じる橿原神宮の鳥居 »

2020/03/18

オーバーハングのサバイバル植物

ど根性か虐待か、さてさてスキマか戦う植物か。サバイバルする植物シリーズを久しぶりに。

Dsc04166

これ、山の一角にあった崖。花崗岩がどんどん崩れているらしく、深く抉られて洞窟的になっている。つまり壁はオーバーハングしているのだが、そこにも樹木が生えていたよ。

Dsc04165

ちょっと写真ではわかりにくいが、かなりせりだした岸壁に生えている。花崗岩だから、そのスキマに根を下ろしたのだろう。水も染みだしているのだろうか。このまま大きくなったら、岩を割ってしまうかもしれない。そうなると落ちるわな。それとも、さらに奥深く根を伸ばしてしがみつくか。

 

« シイタケ気分 | トップページ | 臭いで感じる橿原神宮の鳥居 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シイタケ気分 | トップページ | 臭いで感じる橿原神宮の鳥居 »

May 2020
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎