無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 生駒でもっとも賑やかな場所にコロナ避難 | トップページ | 農水省の書店ランキング! »

2020/04/07

コロナ緊急事態の裏で起きている世界的危機

とうとう出た、コロナウイルス(COVID-19)による緊急事態宣言。

奈良には直接「宣言」とは関係ないのだが、影響は受ける。ずっと罹患者が少数で収まっていた奈良県も、このところじりじりと増えてきた。東京と比べると桁が2つほど低いが、さすがにこれほど長引くと、強大な大仏様のご加護と役の行者の神通力も薄れてきたようである。

ところで、世界にはコロナウイルスの影に隠れているが、猛威を奮っているものがほかにもある。

お忘れかもしれないが、COVID-19が流行る以前に問題となっていた疫病は、豚熱(豚コレラ・CSFウイルス)である。日本では中部地域を中心に広がり、各地の養豚業者が悲鳴を上げていた。基本的に治療法がなくて、罹患した豚はもちろん、同じ養豚場の豚はすべて殺処分対象だ。何千頭という豚が命を絶たれて埋められていく様子は悲惨である。現時点で中部地方と沖縄の8県で発生している。さらに野生のイノシシから病原体CSFが12県で発見されている。野生動物にもうつる……というより野生動物から感染したのだろうが、根絶は難しい。

それだけではない。もう一つアフリカからやって来た新病が広がっているのだ。

正式にはASFと呼ばれているが、これまでアフリカ豚コレラとされてきた。名前のとおりアフリカで広がった豚の病気だが、これが中国に入ってきて、今も広がっている。一度は根絶したと言っていたのだが、1~3月に新たに6カ所でAFSの感染例が確認されたそうだ。この病気は豚熱以上に致死率が高く、伝染力も強い。そして治療法はない。終息は見通せない状況だ。アフリカは常在だが、アジアではベトナムやフィリピン、インドネシアにも伝播しているし、モンゴルや韓国でも発生した。

ちなみに豚熱もAFSも、ウイルス性の感染症。どちらもイノシシにも広がり、日本でも野生のイノシシに豚熱ワクチンを与えるという作戦に出ているが、効果ははっきりしない。もし、これが豚の体内で変異をして人間にもうつるようになったら、COVID-19の二の舞だろう。多くの感染症は野生動物からもたらされるのだ。豚だからと過小評価するのは危険だ。

ほかにも大問題なのが、東アフリカで大発生したサバクトビバッタの大群だ。

今や海を渡って中近東、中央アジア、インド、そして中国へと東進している。こちらは風に乗って1日に100キロ以上も飛んで移動しつつ餌として植物という植物を食べ尽くす。このままだと大飢饉を引き起こしかねない。ケニアでは推定1200億匹のバッタの襲来により8400万人分の食糧が失われたという。それが数を増やしつつ進んでいるのだ。どんな穀倉地帯も砂漠化してしまう。だが、対策はコロナのおかげで後手後手に回ってしまった。中国にとってはコロナの次にバッタに怯えなくてはならないのだ。

 

付け加えると、こちらも忘れられているが、オーストラリアの森林火災

昨年11月末に発生し、大陸全土に広がった。とくにひどかったニューサウスウェールズ州では、面積の6・2%に相当する550万ヘクタール以上を焼失した。そしてコアラも多数が焼け死んだことが世界中に知られ話題になった。一時はシドニーにも大規模な火災が及びそうになっていた。その後も燃え続け、ようやく年を越して雨が降り鎮静化に向かっていたのだが、完全な鎮火宣言が出されたのは3月31日である。しかし、森林火災は今年も各地で発生する可能性が高い。オーストラリアだけでなくアマゾン、シベリア、東南アジア……。

現在はニュースがコロナウイルス一辺倒だが、こうした重大な問題になりかねない危機にも目を配っておきたい。

 

« 生駒でもっとも賑やかな場所にコロナ避難 | トップページ | 農水省の書店ランキング! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生駒でもっとも賑やかな場所にコロナ避難 | トップページ | 農水省の書店ランキング! »

August 2020
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎