無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« Y!ニュース「計算し直すと、日本の森林蓄積は……」書くまでの裏側 | トップページ | 人工林の生物多様性は高い? »

2020/05/26

謎のウンコ

タナカ山林には、狭いながら結構な動物が出入りしているようだ。そこここに痕跡を見つけるが、今回目についたのはこれ。

20_20200526212901

ウンコやん(´Д`)。

それも見事?な形。これまでなら、これはイノシシ、これはウサギ、イタチ……とだいたい想像がついたのだけど、これはなんだ。

一瞬、人間かと思った(笑)が、周りに紙も落ちていないし、だいたい、こんな藪の中に入らないだろう。どちらかと言うとイヌの糞に似ている。ノライヌか。イヌに近い野生動物なら……生駒山にはキツネやタヌキもいるようだが、タナカ山林周辺では記憶にない。

そんなに大型動物ではなさそうだから、危険はないと思うが。すでに虫が群がっていたから、遠からず片づけられるだろう。

なかなか糞を見て楽しむのもオツなもんじゃ\(^o^)/。

« Y!ニュース「計算し直すと、日本の森林蓄積は……」書くまでの裏側 | トップページ | 人工林の生物多様性は高い? »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

キツネやイタチ等の肉食獣は獲物の毛が糞に残るのですが、なさそうなのでタヌキかもしれません。同じ場所に糞が増えていればタヌキだと思われます(同じ場所に糞をする習性があるので)。

なるほど。今度、溜め糞がないか調べてきます(^^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Y!ニュース「計算し直すと、日本の森林蓄積は……」書くまでの裏側 | トップページ | 人工林の生物多様性は高い? »

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

森と林業と田舎