無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« Y!ニュース「輸出木材の保管費用もコロナ禍対策…」を書いた裏事情 | トップページ | 研究:都市の緑は早死にを減らす? »

2020/05/09

橿原神宮と神武天皇陵、の森

「外出自粛」の中、お出かけ。って、毎日出かけているが、今回はちょっと遠出して、橿原神宮とその隣の神武天皇陵。
コロナ禍、退散!祈願である(^o^)。

さて、この2カ所の森の写真。

6_20200509231501 Dsc04600

上が神宮で、下が天皇陵。一目でわかる森の違い。

さて、なぜこんなに違いが出たのか、というのが問題だ。

といっても、両者の生い立ちを知らないとわからないだろうが、場所的には、奈良県橿原市で畝傍山麓。隣同士である。どちらも明治時代になって作り上げた神宮と陵。それまで集落があって言えや田畑畑のあったところに、強引に古墳と神社をつくった。そして、森を造成する。幾度か改造はしていて、神宮の森は最初松林だったが、昭和15年(紀元2600年)に大改造してカシの森にした。

ゼロから森をつくるというのは明治神宮と一緒で、事実、真似た部分もあるのだけど、今では明治神宮の森とかなり違うようになった。

Photo_20200509232201

参考までに、明治神宮の森の写真も付けておく。神武天皇陵の森に近いだろう。

 

« Y!ニュース「輸出木材の保管費用もコロナ禍対策…」を書いた裏事情 | トップページ | 研究:都市の緑は早死にを減らす? »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Y!ニュース「輸出木材の保管費用もコロナ禍対策…」を書いた裏事情 | トップページ | 研究:都市の緑は早死にを減らす? »

July 2020
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎