無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 現場主義を壊す「デジタルハンター」の世界 | トップページ | コロナ明けの仕事始めはネパール喫茶「茶流香」 »

2020/05/31

倒木からの芽生え

倒れていたクスノキ。昨年の台風だろうか。根が半分浮いているから枯れるしかないと思えるのだが……。

1_20200531170101

しっかり幹から芽生えが。本体が倒れて余命幾ばくもない?と感じたら、幹から芽を出すというのは、どんな生命維持のシステムが働いたのか興味あるが、ちょっと心がほころぶだろう。倒れて半年ぐらい経って、徐々に幹から水気が抜けていく中で、何かが芽生えのトリガーを引いた、のかもしれない。難しい樹木の生理を論じなくても、「樹木はたくましい」でいい(^o^)。

ちなみに写真の奥にもいくつか芽生えがある。

根っこも伸ばして水分を吸い上げるようになるかな。果たして再び幹を高く伸ばせるかどうか。

 

« 現場主義を壊す「デジタルハンター」の世界 | トップページ | コロナ明けの仕事始めはネパール喫茶「茶流香」 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 現場主義を壊す「デジタルハンター」の世界 | トップページ | コロナ明けの仕事始めはネパール喫茶「茶流香」 »

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

森と林業と田舎