無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 土倉翁の座右の銘「守不移」は起業の心得か | トップページ | 奈良公園・瑜伽山園地の橋 »

2020/07/21

Y!ニュース「…大きくなりすぎたご神木…」を書いた裏事情

Yahoo!ニュースに「伐る?伐らない?大きくなりすぎたご神木を巡る悩ましい事情」を執筆しました。

実は、先に土倉翁の墓参りに行った際、こちらにも寄ってきた。

Dsc05385

これが烏川神社(十二社神社)。ちなみに隣は、運川寺という禅寺があって、烏川神社と対になっている。そして弓祝式という神仏混交の行事を行う。寺から神社へ矢を放つのだ。これは悪霊を弓で追い払った儀式だとか。ウィズ・コロナの時代に向いているかもしれない。

それはともかく、この社殿。少し変わっている。写真でもわかるだろうが、本殿が横になっている。だからお参りも石段を登ってから真横に曲がって行うのだ。創始は西暦948年とあるから、なかなか歴史の深い神社なのである。

ちなみに社殿の両側に立派なスギが立っている。こちらも樹齢500年級の大木だ。参道のご神木を伐ったら、こちらがご神木となるだろう。が、実はその裏山にはもっと太いスギがある。なんと幹周り7・1m。ただし3本の合体木のよう。それでも川上村でもっとも巨樹とされている。

川上村には、吉野林業のよって育てられたスギの巨木がたくさんあるが、実は集落ごとにある神社のご神木も相当な大木揃いだ。

なお、今回のご神木伐採問題、実はまだ伐ると決まったわけではない。総代会では一致したが、ほかの手だてもあれば考えるそうだ。しかし、この大径木を引き取りたいという方がおられたら、ご連絡を。高く売れるなら伐るだろう(笑)。

 

 

« 土倉翁の座右の銘「守不移」は起業の心得か | トップページ | 奈良公園・瑜伽山園地の橋 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土倉翁の座右の銘「守不移」は起業の心得か | トップページ | 奈良公園・瑜伽山園地の橋 »

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

森と林業と田舎