無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« Y!ニュース「獣害シカの繁殖拠点になる?……」を執筆した裏事情 | トップページ | 日本も「退耕還林」の時代? »

2020/08/26

奈良県フォレスターの募集記事

まだ募集していたか。と思ったのは、朝日新聞奈良県版に「奈良県フォレスターになれる県職員の募集記事が出ていたから。

20200826_080645

なんか、もう締め切りがすぎていたように思っていたが、募集は9月3日までのようだ。なんたって、先に県職員になってから学校に入学できるという有り難いコースだから奈良県内だけでなく、広く全国から受験することを期待するけどね。

ちなみに記事には、「約10年周期で常駐」とか「森林組合や民間企業への就職をめざす生徒も5人程度募集」とか、なんかわからんこと書いてある。そりゃ絶対異動がないと断言はできないし、県職員になるつもりのない入学生もいるかもしれないが、どうもニュアンスにズレを感じる。

ちなみに昨夜の講演では、このフォレスター話もしたのだが、期待と懐疑が半々ぐらいかな(^^;)。
そんな役職つくって何が変わるねん、という気持ちもあるが、少なくても奈良県は新しい道に踏み出したから期待してみようか、という気持ち。

実際、フォレスターが誕生するまで今から2年半かかるし、それが赴任しても十分に仕事ができるまで数年かかるから、結果を見るまで5、6年はかかる。長い目で見ようよ、ということである。そもそも制度と人材は別だからねえ。

 

 

« Y!ニュース「獣害シカの繁殖拠点になる?……」を執筆した裏事情 | トップページ | 日本も「退耕還林」の時代? »

政策・行政関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Y!ニュース「獣害シカの繁殖拠点になる?……」を執筆した裏事情 | トップページ | 日本も「退耕還林」の時代? »

October 2020
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

森と林業と田舎