無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 惹きつけられるティッシュペーパーの箱 | トップページ | 丸太のクッションin百均 »

2020/08/13

「お花畑」の正体

本日は、大峰山系の山上が岳に登ってきた。

朝5時起きで、登山開始からゴールまで約7時間。さすがに応えます。しかもコースは……。

その話は別の機会にして、超猛暑(気温は6時台で30度越え!)の中苦しむかと思いきや、登山口の標高が約1000mで、1719mまで登ると、ひんやり涼しい。というか寒い。ぐっしょり汗で濡れた上着がガスの漂う風で急速に体温を奪う。これだけはよかったなあ。

山頂の大峰山寺に到着して一服していると、前に「お花畑」の矢印標識が。大峰山に高山植物の咲き乱れるお花畑があるの? ちょっと記憶にない。以前登ったときも見た記憶がない。

それで矢印方向に進んでみると……。

Dsc05601

お花畑というか、笹原であった。。。お花を咲かせそうな草木はほぼない。こんな風景も以前来たときにあったかなあ。
それに、この風景は、大台ヶ原に近い。大峰山と大台ヶ原は紀伊半島に並んで屹立しているが、地形も植生も随分違うと思っていたが、ここだけは似ている。ということは……。

笹をよく見ると。

Dsc05602

あきらかにシカの食痕がある。そう、この笹はシカに食われている。大台ヶ原と一緒であった。大台ヶ原の笹原は、シカが原生林を食い荒らしてつくったものだからだ。それが大峰にも広がりつつあるのかも。もちろん、さまざまな要因はあるのだろうが。

まあ、風景としては、なかなかのものであった。

« 惹きつけられるティッシュペーパーの箱 | トップページ | 丸太のクッションin百均 »

ナラシカ・動物・獣害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 惹きつけられるティッシュペーパーの箱 | トップページ | 丸太のクッションin百均 »

October 2020
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

森と林業と田舎