無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« どこでも起きる、無断伐採 | トップページ | 住宅一軒に使われる木材量 »

2020/09/16

『獣害列島』、校了

10月10日刊行の『獣害列島』、ついに校了、私の手を完全に離れた。

思えば、ドタバタの展開だった。打診を受けたのが昨年だったか、しかし、その時は私がイマイチ乗り気でなく、条件も合わず、一旦流れている。
年が明けて再び打診があり、それならと覚悟を決めて執筆の決心。そして文献を集め、取材先も考え出し……そこにコロナ禍である。

多くの仕事がストップする中、私にとってはむしろ本書の執筆に専念できる環境となる。そして8月末までに書き上げるという約束なのに、なんと4月中に第一稿ができあがってしまった。もちろん、そこから手を入れるので8月までじっくり詰めるか……と思っていたら、「出版早めましょう」という提案が(^^;)。

焦って7月いっぱいに仕上げるつもりが……表紙カバーのデザインのために早めに欲しい、未完成稿でもいいから……と言われたのだけど、ほとんど意地になって7月20日ぐらいに仕上げた。ま、その後も校正を続けたのだが、初校、再校、そして白焼まで行って、終了。

そして、カバーデザインも仕上がった。

Jugai_cover

以前も紹介したが、新書なので表紙そのものは一律のデザイン。そこにカバーをつけてアピールする。

細かな目次は改めて紹介するとして、5章28節。

序章 「絶滅する」と騒がれた動物たち
第1章 日本列島は野生動物がいっぱい!
第2章 破壊される自然と人間社会
第3章 野生動物が増えた「真っ当な」理由
第4章 食べて減らす? 迷走するジビエ振興
第5章 獣害列島の行く末
あとがき

コロナ禍が生み出したといったら「過言」だが、まあ、おかげで世間が自粛だなんだと言っている間も、わりとヒマなしであった。

さて、皆さん、乞う、ご期待。

 

« どこでも起きる、無断伐採 | トップページ | 住宅一軒に使われる木材量 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どこでも起きる、無断伐採 | トップページ | 住宅一軒に使われる木材量 »

October 2020
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

森と林業と田舎