無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 13年前の『獣害列島』 | トップページ | 奈良に農業高校開校! »

2020/09/04

広葉樹王国、再び

先日の遠野の道の駅で、数多くの広葉樹材を見かけた。

4_20200904203801

何十種類あるだろうか。ほとんどが広葉樹材。こんなに岩手には広葉樹が多く、しかも出荷させるのか、と驚く。

が、何か既視感が……。

以前も同じようなものをブログにアップしたような気がする。どこで見かけたんだったっけ。

ずっと考えて、探していたんだが、このほど発見。

なんと5年前に遠野に訪れたときに、同じ道の駅で見かけたのだった。それをアップしていた(笑)。

その時も「広葉樹王国?」とタイトルをつけている。なんだ、いつ見ても同じ感想を持っているのか。

でも、今回の方が種類は多い気がする。単に広葉樹の種類が多いのは、多分西日本のはずだ。とくに紀伊半島は多い。だが、商品として人の目にさらされることは、ほとんどないだろう。紀伊半島の山村に住み着いた木工職人が、「材料は街のホームセンターや材木店に行って仕入れます」と言っていたぐらいだから。その点、岩手はすごいv(^0^)。

折しも、林業界では、スギやヒノキばかりでは限界を感じてきたのか、最近は「広葉樹」が目立つ。研究現場は広葉樹の育成関連が増えているし、植林しても広葉樹の早生樹とか、広葉樹利用の手引きとか、広葉樹のまちづくりとか……。

Img003_20200904204601

広葉樹の時代が来れば、岩手はトップランナーになれるかも。

 

 

« 13年前の『獣害列島』 | トップページ | 奈良に農業高校開校! »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 13年前の『獣害列島』 | トップページ | 奈良に農業高校開校! »

October 2020
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

森と林業と田舎