無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 『獣害列島』Amazon予約受付開始 | トップページ | 伊能嘉矩と後藤新平の台湾森林 »

2020/09/01

花巻おもちゃ美術館、大人の見所

遠野のこと、とくに河童のことばかり紹介してきたが、実は花巻おもちゃ美術館にも寄ってきた。

Dsc05671

6月にも訪れているが、この時は建設中だったので、まだおもちゃもなかったし、見映えはよくなかった。そこで今回、無理言って訪問したのである。ちなみに開館の1時間前(^^;)。朝9時である。おかげで開館前の準備風景も見ることができたのだが……。

ここは子どもたちが遊ぶ場なのだが、大人が喜びそうなコーナーを紹介しよう。

まず、段々畑 (@_@)。野菜やフルーツが各畑に稔っている。

Dsc05688

次に大木から薪を拾って……。ちゃんと乾燥している(^_^) 。

Dsc05714

バーベキューだ!

Dsc05689_20200901231701

ちなみに野菜以外にも、肉や魚などももある。バーベキュー台の向こうでは、ぶどう狩りをして、デザートの収穫ができる。

……これで世のお父さんは楽しむv(^0^)。でも、子どものノリはイマイチだろうな……。こんな凝ったアウトドア・イメージは大人のもので、子どもはもっと直截的な遊びを喜ぶようだ。

Dsc05701 Dsc05706

スマートボールや剣玉コーナー。このスマートボールも凝っていて、左横のコーナーから玉を入れると、ころころと動いてスマートボール機に到着する、ピタゴラスイッチみたいな仕組み。

子どもが何を喜ぶかは、なかなか大人感覚ではわからない。全国で次々とおもちゃ美術館を立ち上げる動きが広がっているそうだが、私はおもちゃ美術館そのもののビジネスモデルには不安を感じている。面白いし、木育にもいいが、経営は成り立つの?

だが、花巻おもちゃ美術館のビジネスモデルは面白い。ここでは語らないけど(^^;)、上手く軌道に乗ることに期待する。

 

« 『獣害列島』Amazon予約受付開始 | トップページ | 伊能嘉矩と後藤新平の台湾森林 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『獣害列島』Amazon予約受付開始 | トップページ | 伊能嘉矩と後藤新平の台湾森林 »

October 2020
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

森と林業と田舎