無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« どんぐり騒動 | トップページ | 映画「斧は忘れても、木は覚えている」 »

2020/12/27

「スカーレット」の裏側

戸田恵梨香さんが結婚した。

わりと好きな女優だっただけに、おめでとう! と素直に喜んでおく(^o^)。

で、戸田恵梨香の近々の代表作と言えば、NHK朝ドラ「スカーレット」だろう。今年3月まで放映していた。信楽の陶芸家・川原喜美子役を務めて人気を博した。というわけで(関係ないけど)信楽に行ってきた(^_^)/。現在は滋賀県甲賀市信楽である。

51eytzd3kcl

すると、折しも旧産業会館で「テレビドラマの世界」と題して「スカーレット」の展示会を開いている。工房や穴窯のセットや衣装などの小道具が並ぶ。ドラマを見てきた人には懐かしいはず。衣装を見て、戸田さんはこんなに体が小さかったんだ、と妙な感心をしてしまった。

4_20201227160801工房。この角度で眺めると、本物ぽさが強い。

 

ちなみに私もお土産として.鉢を購入した。緋色(スカーレット)をした、ちょいオシャレなもの。ここに冬の間は観葉植物でも植えようかと思っているのだが。

20201227_222437

 

 

さて、こんなところも見てきたよ。

9_20201227161201

陶土を掘った鉱山跡。信楽焼の誕生は、豊富で優れた陶土があってこそ。古琵琶湖の地層に眠る粘土や長石だ。信楽にはそうした陶土を掘った鉱山がたくさんあるが、ここも最近まで掘っていたのだろう。

実はここの陶土は、日本中の陶芸産地に供給されている。ナントカ焼とか呼んでも、実は地元に肝心の土がないところは多いのだ。

跡地にマツを植林していた。畝をつくって、わりとていねいな植え方だ。砂礫の多い土壌だが、マツなら育つだろう。上の方にはよく育ったマツも見える。上から掘り進んで、順々に植えていった様子がわかる。底部分はまだ苗木そのものだ。

こんなにていねいな植え方をするのは、林業関係者ではないな、と感じる(笑)。林業的には、畝を作って、苗をきっちり等間隔に整列させることはないだろうから。園芸業者かな。さて、どうだろうか。

« どんぐり騒動 | トップページ | 映画「斧は忘れても、木は覚えている」 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どんぐり騒動 | トップページ | 映画「斧は忘れても、木は覚えている」 »

December 2021
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と筆者の関連リンク先