無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 「池の水」抜くのは誰のため?~相互誤解のススメ | トップページ | Y!ニュース「鳥インフルエンザが人に感染するとき。…」を書いた裏事情 »

2020/12/13

ラクウショウ地蔵

生駒山の公園には、なぜかラクウショウがよく植えられているのを見かける。

Dsc05697

ラクウショウ。落羽松と記すように、外来の落葉性のマツだ。細い羽のような葉を秋になると散らす。すると地面が赤黄色く染まるのだが……そこに飛び出してくるものがある。気根だ。その形から膝根ともいう。

ヌマスギとも呼ぶように湿地を好むのだが、沼では土壌に通気性がないから根っこは息ができない。根が息をするというと驚かれるが、呼吸は必要なのだよ。そして地面から根を盛り上げてくるのだ。もこもことタケノコのごとく地面から顔を出す気根は面白い。

Dsc05699

私は、この気根の中に仏様のような顔をしたものがないか探す癖がある。なかには先が丸く膨らんで、いかにもお地蔵様のような姿になるのだよ。見つけると縁起がいい(^o^)。たくさん飛び出して密集している気根は、集まって相談事をしているお地蔵様に見立てる。「今は密になるのはイカン」と言っているのかもしれないが。


ちなみに日本のスギも気根を出す場合はあるが、それは幹から細い根を出すことで、これがあると木材は黒い斑点みたいなのができるから、材価が一気に下がってしまう。あげくにB材扱い。

7_20201213171801

この板の表面にある斑点が気根跡だろう。実は、CLTの表面なのだ(^^;)。

« 「池の水」抜くのは誰のため?~相互誤解のススメ | トップページ | Y!ニュース「鳥インフルエンザが人に感染するとき。…」を書いた裏事情 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「池の水」抜くのは誰のため?~相互誤解のススメ | トップページ | Y!ニュース「鳥インフルエンザが人に感染するとき。…」を書いた裏事情 »

December 2021
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と筆者の関連リンク先