無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« ネコの鳴き声の秘密 | トップページ | 蚊の季節 »

2021/02/24

薪のお値段いろいろ

生駒山にある森林公園で見かけた掲示物。

Dsc05872

「薪の販売はじめました」とあり、各種の価格が示されている。
一束500円。クォーターとあるのは量り売りだが、キロ55円。丸太のタンコロだとキロ40円。

コナラの丸太の重さがピンとこないが、結構比重は重いはず。太い丸太なら10キロぐらいは行くだろう。長さにもよるけど。それに、配達抜きで自分で持って帰るのが条件だから、まあ、お安い方だろう。と言うのも、この森林公園ではナラ枯れが発生しており、そのためにコナラが多く伐採されている。それを薪にしているのだから一石二鳥である。公園の運営は指定管理者だから、商売もできるようだ。

ちなみにホームセンターで売っているコナラなど広葉樹の薪は一束800円ぐらいはゆうにする。以前紹介したアカシア?の薪で600円前後。そして今日たまたま見かけたのは、スギの薪か。一束と同じ量かどうか怪しいが、建築端材だろう。これが680円。

20210224_141509
ただ、数年前は、コナラやクヌギでも500円しなかった。随分値段が上がっている。

ところが、ネットでこんなすごい価格のスギのタンコロを見てしまった。

[楽天市場]薪Club スギの切り株

お値段は、ぜひリンク先に行ってみてほしいが、直径40~45センチ、高さ30センチだから薪にしたら2束ぐらいになる?しかし、送料別でこの価格は (゚o゚;) 。。。しかもけ未乾燥。

でも、買う人がいるのだろうなあ。使い道にもよるが、どうしても必要だと。そして身の回りでは手に入らないと。ここが扱う薪の値段を見たが、ナラの乾燥薪で1000円以上する。売れるのなら売ってください(^o^)。ダンピング合戦など馬鹿らしいから。

ちなみに薪clubって会社の親会社は、鳥取県智頭町の石谷林業である。あの、400年生の慶長杉の並ぶ山主だ。薪を売って稼いで、文化財級のスギを守ると思えばよいかもしれない。

2_20210224204201

 

« ネコの鳴き声の秘密 | トップページ | 蚊の季節 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコの鳴き声の秘密 | トップページ | 蚊の季節 »

November 2021
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先