無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 蚊の季節 | トップページ | 渋沢栄一と「木を使うもの」の義務 »

2021/02/26

漆芸に見た猫の生態

以前、本ブログでも紹介したような気がするのだが、生駒市には「緑ヶ丘美術館」(および別館)がある。

住宅地の中にポツンと存在して、洋風ながら一般民家を改造したかのような純民間の美術館。扱うのは映画ポスターやマンガまであって幅広いものの、基本は日本の伝統工芸の現代作家作品が多い。ほとんどが所蔵品らしいが、逸品ぞろいである。どんなけ溜め込んでいるんだ(^^;)と思わぬでもないが、これを完全無料で見せてくれるのだから有り難い。

今回は「日本の<漆>展-Ⅳ語り継ぐ蒔絵展」と、別館で「香炉香合展」。

さて、その中で私が目を引きつけられたのは、「乾漆螺鈿箱 眠い猫」と名付けられた作品だ。しんたにひとみの作品。人間国宝などの作品が並ぶ中で、まだ若い人のようだ。しかも奈良市在住だという。

ま、それはよいとして、作品は漆塗りに螺鈿細工をほどこした小箱だが、その上面と4つの側面に描かれているのがネコである。

Dsc05943

鳥を追いかけるネコ、というモチーフで、このネコ眠っていないじゃないか、と突っ込むのは止めておこう。この前面の鳥を追いかける姿で、すでに不穏な様子(笑)。そこで、裏側の側面を見ると……。

Dsc05939

鳥を捕まえて、食べておるがな……。やっぱりネコは凶暴で、野生動物の生態系を生きているのだった。アメリカの研究では、一匹の野良ネコは、年間数百羽の鳥や小動物を捕まえるというが、なかなかの環境インパクトであろう。

とはいえ、これはしんたにさんの考えたモチーフではなさそうだ。なぜなら、春日大社の宝物にある国宝の日本刀「金地螺鈿毛抜形太刀」にも似たネコがいるからだ。こちらにインスパイアされたのだろう。

この太刀は、平安時代の守り刀と思われ、刀剣乱舞ネコ、じゃないネタになったのかどうか。その鞘には金粉に漆、そして螺鈿で雀に襲いかかるネコが描かれている。この絵柄はサライの記事を見てほしい。

私が興味をもったのは、平安時代にすでにネコが渡来していて、貴族に飼われていたことを示している点だ。そして、そのネコは早くも鳥を襲っていたのだった。今なら「外来種は駆除しなければ」と言われるかもしれない(笑)。


なお別館の香炉香合展も見てきた。

こちらは主に陶器の香炉と、香料を入れる香合という小さな箱が展示されている。茶道具の一つであるが……。私は発見してしまったのだ。

Dsc05944 Dsc05946_20210226164101

これらの香合は木製だが……わかるかな? 

これは黒柿による作品だ。銘木にして珍木でもある黒柿。柿の木の黒変種で、滅多に見つからないだけに、ときとしてすごい値段がつくが、肝心のその木を使った作品を目にする機会はあまりない。これらの香合は1辺10センチ未満だが、このように加工すると香合自体が数十万円にもなる。もちろん作家の価値であるのだが、素材も高いのだ。

 

以上、伝統工芸展で、注目したのはそこか! と突っこまれるのは覚悟しつつ、紹介しておきます(笑)。

 

 

« 蚊の季節 | トップページ | 渋沢栄一と「木を使うもの」の義務 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

ナラシカ・動物・獣害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蚊の季節 | トップページ | 渋沢栄一と「木を使うもの」の義務 »

April 2021
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎