無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 十一面観音像と国宝制度。そこに土倉翁 | トップページ | 農業共済新聞「自著を語る」 »

2021/02/13

孤立したタケ

某山の中を歩いていて、ふと思ったこと。

タケは、どうやって分布を広げるのか。

普通は、地下茎を延ばして、アチコチで地上にタケノコを出して、そこで竹を生やせばまたエネルギーを蓄積して地下茎を周辺に延ばす……といったイメージがある。だから、タケは常に竹林として群生する。だが、ときたま山の中で孤立したタケを観ることがあるのだ。

1_20210213204801

最初は、こんな具合。なんだ、細いササかと思うような竹だが……。

2_20210213204901

しばらく行くと、突然タケの棹が現れる。これ、マダケだろうか。それともモウソウチクの細いのか? 

ポツンとある。仮に地下茎をここまで延ばしてきたとしたら、本体?の竹林は相当遠いところにある。見回したところ、周辺にタケはほかに生えていない。最低でも30メートル、いやもっと。だいたい地形も凸凹というか、わりと急斜面。こんなところに地下茎を延ばすのは大変だろう。

だとすると、種子か? タケも数十年に一度、花を咲かせるのだから、その際に種子を作るのだろう。そして、その種子をなんらかの方法で散布するはず。栄養価は高いと聞くが、ノネズミなどの小動物の餌として運ばれる可能性はある。
タケは花を咲かせると枯れるというが(全部でないにしろ)、枯れた後に種子から新たな竹が生長する……それが、こんな孤立したタケなのだろうか。

なんだか素朴の疑問がわいてきた。

考え出すと、わからなくなる。タケの孤独を考える。

 

« 十一面観音像と国宝制度。そこに土倉翁 | トップページ | 農業共済新聞「自著を語る」 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 十一面観音像と国宝制度。そこに土倉翁 | トップページ | 農業共済新聞「自著を語る」 »

December 2021
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と筆者の関連リンク先