無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« サクラ開花のビジュアルマッピング | トップページ | 日本農業新聞『獣害列島』書評 »

2021/03/01

トルコの植林面積

さすがに驚いた。いきなり、こんなニュースを目にしたからである。

「トルコは植樹ヨーロッパ1位、世界4位」 トルコ大統領府が発表

ピンとこない。トルコと言えば、中近東の国だから、なんとなく乾燥地帯のイメージがある。実際、内陸部には砂漠もある。せいぜいブドウやイチジクなどの農作物が盛んだから、乾燥地農業はよくやっているのかな、と思い浮かべる程度だ。

具体的には、極めて短く、こんな記事になっている。

トルコ共和国大統領府通信局のファフレッティン・アルトゥン局長が、自身のソーシャルメディアで、トルコは「植樹において、ヨーロッパ1位、世界4位」であり、「森林を増やしている国の中で世界6位」であると表明し、「この18年間で 173万9944ヘクタールの新たな森林が我が国にもたらされた。木について言えば、ヨーロッパ1位である」と述べた。

これだけ。さすがに納得できないので、少し調べてみる。

すると、こんなグラフが見つかった。

Photo_20210301213401

森林面積は右肩上がりではないか。ただし森林率は15%。やはり、たいして森林はないのだ。また人工林比率は、30%。

全森林面積のおよそ 30%にあたる 342 万ヘクタールが人工造林地となっている。最近 5 年間では年平均 16 万 ha の造林実績がある。主な植栽樹種はマツ類(Pinus nigra、Pinus brucia)である。トルコの造林事業は「造林・土壌保全総局」のもとで実施されている。

2016年の森林面積は、11万8174平方キロメートル。最も低い1990年の9万6220平方キロメートルと比べると、1.23倍にもなっていて、増加率は高い。日本と比べた表もあった。

2_20210301214401

こういうのを見ると、まだまだ森林面積自体は大きくないが、植林そのものには力を入れている様子が浮かび上がる。日本は多い多いと自慢している(いや、多すぎるから伐ろうとのたまわる)が、面積は横ばいで全然増やしてない。蓄積が増えたというが、質的には劣化していると言えるだろう。

もしかしたら、今後の国際的な炭素の排出権取引「カーボンプライシング」を睨んでいるのかもしれない。ヨーロッパでは大きな市場となるだろうから、森林を増やすことは国際社会での発言力は有利になる。

ちょっと頭の片隅に記憶をとどめておこう。

 

 

« サクラ開花のビジュアルマッピング | トップページ | 日本農業新聞『獣害列島』書評 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サクラ開花のビジュアルマッピング | トップページ | 日本農業新聞『獣害列島』書評 »

October 2021
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と筆者の関連リンク先