無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 林業は“クソどうでもいい仕事”にむしばまれる | トップページ | 白山神社の大杉~日本一のスギは? »

2021/03/08

妻籠宿の欄間

信州・妻籠の宿に行ってきた。

Dsc07046

そう、こんな古い宿場町。島崎藤村の『夜明け前』で描かれた世界。

そこでやっていた雛祭り展。

Dsc07009

なかなか壮観だろう。何百体あるのやら。ほとんどは寄付だそうだが、もう受け付けられないほど集まったそうだ。やっぱり女官や女児が多いのかなあ。いっそ、昨今の風潮を取り入れて、男女比を1:1にしたら面白いと思うが。五人囃子に女官を、三人官女には男官を。
まぁ、そうした戯れ言はおいといて、この中には昨年今年ゆえの扮装をした雛人形がいるそうだ。それを探せという。「ウォーリーを探せ」じゃないだから……。

 

Dsc07011

やっぱり、これじゃろうねえ。。。。まあ、この目立つ緑の格子模様ですぐにわかったが。ほかにもバーベキューしていたりテレビゲームに興じる子どもたちもいるのだが……。

これだけじゃ寂しいという、本ブログのクラスター向けには、宿(松代屋)の欄間を紹介しておこう。

20210306_180515

わかるかな。丸太の筏流しシーンが描かれているのだった。

 

« 林業は“クソどうでもいい仕事”にむしばまれる | トップページ | 白山神社の大杉~日本一のスギは? »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 林業は“クソどうでもいい仕事”にむしばまれる | トップページ | 白山神社の大杉~日本一のスギは? »

December 2021
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と筆者の関連リンク先