無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« BSプレミアムで「土倉庄三郎」の講談 | トップページ | 洞窟で育つ植物 »

2021/04/10

今晩のBSプレミアムは……

ご報告。

昨日お知らせした、BSプレミアムの「吉野の桜」番組だが、直前になってメール連絡が来た。「土倉庄三郎の部分はカットになりました」……。尺が長くなりすぎて、苦渋の決断だったようです(-_-;)。
代わりに「土倉庄三郎で別番組で取り上げられないか検討しています」とのこと。いやあ、お愛想ですね(^^;)。

もし、1年後ぐらいにNHKのドキュメンタリーなどで土倉翁が登場することになったら、土倉翁に興味が持つ人も増えるだろう。きっと本が売れるに違いない。それまでに『樹喜王 土倉庄三郎』改訂版を、いやまったく新しい土倉翁の伝記を書いて出版しておくべきだね、うん。(誰に言っているんだ。)

ちなみに、このメールを読んだのは、川上村の土倉翁の銅像の前だったというのは、なかなかのタイミングでしょ\(^o^)/。

Dsc07558
銅像の前に花壇が作られておりました。


ちなみに、なぜ私が川上村に行っていたかというと、新型林業用ダンプの発表会があったから。奥山の急峻な作業道を走らせるお披露目もあったのだが、それについては改めて別に報告しよう。

この場には多くの人が参加して、その中には本郷浩二林野庁長官もいた。

実は、先日6日の奈良県フォレスターアカデミー開校式にも呼ばれていたのだが、こちらは近畿中国森林管理局局長のメッセージ代読であった。その4日後に同じ吉野に足を運んでくださったわけである。

「アカデミーは代読でしたが、こちらは参加されたんですね」と声をかけると、「そりゃ、当然でしょう」とのお返事(笑)。

それがどういう意味かは皆さんで推測してください。式典より山の現場の方が楽しいか。(ちなみに平日は、国会対応などもあって出張しづらいものです。)

Dsc07502

現場からは、以上でした<(_ _)>。

 

 

« BSプレミアムで「土倉庄三郎」の講談 | トップページ | 洞窟で育つ植物 »

土倉家の人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BSプレミアムで「土倉庄三郎」の講談 | トップページ | 洞窟で育つ植物 »

December 2021
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と筆者の関連リンク先