無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 「分けたら資源」だけど、分けたら資源が消える? | トップページ | 山火事通報を表彰?それより大変、コロナ禍と殺人事件 »

2021/04/28

みどりの日はいずこ? 植樹・植林記念日の行方

明日からゴールデンウィークだそうである。で、29日だから「みどりの日」、と思っていたら、「昭和の日」に変わっていた (゚o゚;) 。
「みどりの日」は5月4日に引っ越したんだそうだ。祝日をそんなええ加減なことでいいのか。ちなみに4月15日から1カ月は「みどりの月間」だと。

そういや、先週4月22日はアースディとかで環境の日であった。実は4月の頭には愛林日(だいたい2~4日)と定められていて、それが植樹祭だったのだが、植樹祭も最近は5月に移っている。そもそも愛林日は、本来はアーボアデイ、植樹の日というアメリカの植樹運動の一環だった日で、最初は11月3日だった。それを4月の明治天皇祭に変えたのは本多静六である。

なんだかややこしいが、ようするに記念日は結構いい加減に日を変えているということと、4月5月は植栽関係の記念日になりやすいということだろうか。

今後、林業でも植林・造林が非常に重要になるだろう。伐採ばかりが林業ではない、ビジネスとしても種苗づくり、植林が強まるのではないか。逆に言えば、この点をしっかりしておかねば、日本の林業の今後は成り立たない。そのことを考えている林業家はどれだけいるのだろうか。伐りたがるばかりの人は時代後れ(笑)

また植樹の日でも制定したらいいのではないかね。

というわけで、こんな記事も書いておいた。

高齢化進む造林事業を"ビジネス"にして、伐採跡地に再造林を! 苗づくりや植え方を吟味して取り組もう | フォレストジャーナル

 

1_20210428233801

木曾式伐木運材図式の「鳥総立ち」の図

« 「分けたら資源」だけど、分けたら資源が消える? | トップページ | 山火事通報を表彰?それより大変、コロナ禍と殺人事件 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「分けたら資源」だけど、分けたら資源が消える? | トップページ | 山火事通報を表彰?それより大変、コロナ禍と殺人事件 »

December 2021
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と筆者の関連リンク先