無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 生きたササの垣根の効用 | トップページ | 「周辺と根幹」を考える論説 »

2021/05/15

「正義のミカタ」に出演して

関西・東海ローカルのニュースバラエティ『正義のミカタ』(朝日放送・土曜日朝9時半~11時)という番組に出演した。生放送である。

MCは芸人の東野幸治で、今回のテーマは、コロナ禍とオリンピックのほか、サイバーテロ、そしてウッドショック。そこに私が森林専門家なる肩書で座っている。……と、ここまで調べたら、なんとフルヴァージョンがユーチューブにアップされていたよ (゚o゚;) 

せっかくなので、台本の一部を紹介。(私の冒頭部分)

Photo_20210515143801 2_20210515143801

少し、順序を追うと、まず出演依頼があって、OKすると電話で取材を受ける。その時は1時間半はしゃべった。また、その製作者は『絶望の林業』を読んでくれていたので、その内容にも触れる。実際、「ウッドショックより林業自体のことがやりたい」というので、後半はそちらに偏ったかもしれない。

そして、その日の深夜に早くも台本が上がってきた。それを私がチェック。若干の修正もするが、とくにパネルに示す部分に気をつける。それを翌朝会議にかけて、スタッフの意見も入れて、また修正。それを私が受け取ったのだが、そこで再び今度は自分の発言内容を考える。正直、てんこ盛りの内容だったので、全部は話せないと焦点を絞るように考えていく。

研究者や真面目な書き手(笑)に多いのだが、一つとして間違いのないようにしたがる人がいて、「この場合はこういう例外もあって……」とか「こーゆーケースもあります」「全部が全部そうではない」なんて言いたがるが、私はばっさりカット。そんなにみっちり書きたかったら本一冊書いたらええやん、多くの人が関係して作り上げる番組(や雑誌)では、自分が使える時間(文章量)内に視聴者・読者の記憶に残るように工夫したフレーズを放つべきなのよ。

で、本日朝にテレビ局へ。

そこで完成した台本を渡される。控室で目を通しつつ、チェック。なんとか、ここでこの話題を……とか思いつつ、共演者と話し込んで余計な話を(^^;)。

さて、本番。自分の番が回ってくると、とりあえず台本通りに展開するつもり……だが、東野さんもそうそう真っ直ぐ進めないし、レギャラー陣が常に突っこんでくるから、そんなに台本通りにしゃべれない。私も頭を切り換えて、臨機応変に応じた。先に話し損ねた部分を後にねじ込んだり(話のつながりがおかしくなるが、かまわない)、レギュラー陣のコメントに言い返したり。
ちなみに私が言わなくても、みんなが日本の林業に対して「絶望」「絶望的」といったフレーズを口にしてくれるので有り難い。少しは『絶望の林業』の宣伝になっただろう(⌒ー⌒)。

で、改めて振り返ると、最初に(電話で)話したことの5分の1以下だろうか、話せたのは。台本に書かれた分量の半分くらいになる。一応30分近くの時間が取られて「たっぷり話せますよ」とか言われていたが、なんのなんの、放送されるのは用意した分の上澄みだけみたいなものだ。

ただ、その中で自分なりに外せない部分はギリギリ押さえたかと思っている。これで十分だ。

これまたマスコミを論評したがる輩には「あらかじめストーリーをつくって誘導するマスゴミ」といった下品な口舌を垂れ流すが、そもそも自分の思い通りに話せる、自分に都合のよい番組にしたいと思うこと自体が思い上がりだ。甘ったれるな、と言いたい。さまざまな人の都合と意見で成り立っているのだから、ストーリーに乗せられるほうが悪い。丁々発止にやり合わねば。

コミュニケーションの基本は「相互誤解」にあり、というのが私の持論だ。絶対に、完全な形では伝わらないのだ。それを前提に伝える努力をしなければならない。付随した情報・意見は誤解されても、肝だけは押さえる、というような。そもそも相手が記憶に残さねば、どんなに完璧なものを話そうと(書こうと)無意味なのである。

幸い、レギュラー陣に加えて、本来は専門外の人々(ほかのテーマで発言予定の人・宮崎哲弥、木村もりよ、藤井聡、高橋洋一……)まで口をはさんできた所を見ると、林業の話題は新鮮だったみたい。本番以外でも、なんだか熱く論じたのだよ。

生放送は久しぶりなんで、ちょっと疲れたが、それなりに新しい経験として楽しめた。

それに私はゲストの坂下知里子さんを肉眼で見られたから満足だ(^o^)。わりとファン。本番中に雛壇の上から写真をパチリと撮ったけど、これは公開したらまずいので、CM中のスタジオの雰囲気を。

20210515_104028

 

 

 

« 生きたササの垣根の効用 | トップページ | 「周辺と根幹」を考える論説 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

出演おめでとうございます。これでますます、田中さんの名前が有名になりますね。活躍を祈っております。

テレビをつけたら田中先生が
緊張して拝見しました。
それにしてもなかなかゲストのコメントやらで本題にいけなくて残念でした。
また、これをきっかけにどんどん出演してもらいたいです。

私は、テレビ出演自体はそんなに好きじゃないのですが。
本番は、不規則コメントが多いです(笑)。みんな自身の存在意義を示そうとするからね。負けてはいけません。が、根幹(林業~木材業界はバラバラ、補助金漬け、盗伐……)などは押さえられたから、よしとします。

皆さん
すごい盗伐にくいついてましたから。
よしですねっ

裏方でも、日本で盗伐なんてあるんですか、という声が大きかったので、それを訴えた価値はあったかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生きたササの垣根の効用 | トップページ | 「周辺と根幹」を考える論説 »

November 2021
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先