無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« Y!ニュース「保安林解除を迅速化?…」を執筆した裏事情 | トップページ | ダンゴムシと似て非なるもの »

2021/07/03

家具もウッドショック!?

今も、「ウッドショック」バブルが続く。ウッドショック報道が、巷の報道にあふれているのである。

で、私の所に取材が来る。私が取材するのではなく、私が取材されるのだ。私は、自分で記事をいっぱい書いたし、テレビもラジオも出たからもう食傷ぎみなのだが、これもオツトメとして受ける。

先日も、Zoomによる取材を受けた。取材者は女性(複数)だったから受けてよかった。(違

まあ、私の言うことはあんまり変わらない。基本は「ウッドショックというけど、ショックを受けているのは工務店とか製材関係者であり、林業関係者じゃないですよ」ということ。林業、とくに山主は、全然高値の影響を還元されていないわけだ。安く買った原木を製材して高く売る、というのは便乗値上げかも。これもビジネスか。

そんな中で面白い質問があった。「家具も値上がりしていますが……」

えっと。本当?ウッドショックで木製家具が値上がりしているの?

「はい。実はこの前テーブルを買おうとしたら、値上げされていたんです。17万円が19万円に」

それをウッドショックのためと説明を受けたそうだ。そりゃ、アメリカで家がたくさん建てば、家具の需要も増えるだろうが……。

私は、一応確認したが、やはり硬い広葉樹材の家具だったようだ。今の木材不足は針葉樹の建築材ではなかったっけ。広葉樹まで値段上がっていたかなあ。だいたい、すでに完成品だったわけで、素材を仕入れたのはいつなんだ。

「それ、便乗値上げじゃないですか」と言うと、それにショックを受けていた(笑)。こんなウッドショックもあるか。

ちなみに、いつ価格高騰は解消するのか、と聞かれたが、それはわからない。ただし、所詮これはバブルなのだ。実需ではなく、流通の問題。だから、バブルはいつ弾けてもおかしくない。……と応えた。せっかくだから、アメリカの木材先物のグラフを張っておく。

Photo_20210703170101

もう、急降下しておりますぜ。アメリカではバブルは弾けたのかもしれない。

ちなみに日本では合板ショックも起きているそう。たしかに製材不足で合板用のB材も製材に回っているからなあ。。。いや、熱帯産木材合板も値上がりしているそうだ。こちらは主要産地のマレーシアでコロナ禍が急拡大して、工場が人手不足に陥ったから。

便乗値上げでないことを願う。いや、この際だから便乗値上げでも木材は何でも高くなった方がいいか。

 

 

 

« Y!ニュース「保安林解除を迅速化?…」を執筆した裏事情 | トップページ | ダンゴムシと似て非なるもの »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Y!ニュース「保安林解除を迅速化?…」を執筆した裏事情 | トップページ | ダンゴムシと似て非なるもの »

September 2021
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と筆者の関連リンク先