無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« ヨーロッパの家具市場 | トップページ | 切り株の上の、苔の上の生態系 »

2021/07/30

原生林に林業の痕跡

実は昨日から某所に行っていた。「近畿の屋根」とか「近畿の秘境」と呼ばれる山だ。

そこは手つかずの原生林が自慢であるのだが……。

Dsc08485

トンネル発見。森林鉄道用と思われる。ただし奥は行き止まりで未通。完成はしなかったよう。

この山の歴史をひもとけば、戦前・戦後と大規模な伐採を行っている。これもその名残というか遺跡か。
森林鉄道のような大物ではなくても、小さな小屋とか、索道とか、切り株とか、いろいろあると思うのだが。

人生未踏の地を歩くのも面白いが、人跡そのものを探索するのも面白い。古代遺跡ではなくて、近代以降の痕跡。なかでも林業の残した爪痕を探って歩けないか。「日本全国林業の爪痕巡り」なんて企画で各地を歩かせてくれないかなあ。

 

 

« ヨーロッパの家具市場 | トップページ | 切り株の上の、苔の上の生態系 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヨーロッパの家具市場 | トップページ | 切り株の上の、苔の上の生態系 »

October 2021
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と筆者の関連リンク先