無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 原生林に林業の痕跡 | トップページ | 総務省がバイオマス発電の影響を調査 »

2021/07/31

切り株の上の、苔の上の生態系

まったく久しぶりの「切り株の上の生態系」シリーズ。って、そんなシリーズがあったことを覚えている人も少ないと思うが。

Dsc08344_20210731214801

木を伐った断面に、新たな生きものが育っている状態を紹介しているのだよ。苔むしているのは珍しくないが、キノコが生えているという点で新しいかな。

Dsc08645

ついでに、こちらは切り株というわけではないが、伐採後の丸太の断面に生えたサルノコシカケ系キノコ。

ただし、切り株は基本的に苔などほかの植物が芽生える初期条件は悪いのではないかと思う。

Dsc08614

これなど、伐採されてそこそこの年数が経つのに、幹など樹皮周りには苔が着いているが、伐られた断面は何も生えていない。断面から殺菌性かアレロパシー系の樹液でも出したか。断面にほかの植物が生えるのを忌避する効能があるのかもしれない。それが時間とともに成分が飛んで、腐りだしてから生えるのだろう。

Dsc08559

これも断面というより幹なのだが、苔がびっしりついたら、そこにカエデの種子が飛んでいたのか芽生えていた。苔が生えると土壌の代わりになる。

Dsc08606

これは苔の上からいろいろな稚樹が生えて、倒木更新が起き始めている例。

それにしても、前夜に大雨が降ったおかげで湿気たっぷり、苔の多い森だった。

 

 

 

« 原生林に林業の痕跡 | トップページ | 総務省がバイオマス発電の影響を調査 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原生林に林業の痕跡 | トップページ | 総務省がバイオマス発電の影響を調査 »

October 2021
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と筆者の関連リンク先