無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« Y!ニュース「割り箸こそSDGsなアイテム。…」を書いた裏事情 | トップページ | 肉厚マダイと木づかい運動 »

2021/09/23

コロナ禍の割り箸事情

昨日の続編である。

某所から現在の割り箸需要量の情報が見入った。

まず昨年の輸入統計で見ると、竹箸が37.2億膳。木箸(その他に分類)は104.5億膳。合わせて141.7億膳。これが輸入割り箸だ。中国製が多いとはいえ、ベトナム製も増えている。ほかロシア製も少し混じる。

次に国産割り箸の生産量だが、国全体の統計はない。ただ吉野では1億膳に届かないほど縮小している(奈良県内の製箸主力3組合の20年度の生産量は計9127万5000膳)。金沢の最大手・中本製箸や樹恩割り箸グループなども2億膳いかないだろう。そのほかの産地を合わせても3億膳いくかどうか。国産も10年前の半分になってしまった。

つまり合わせても145億膳程度と推定できる。推計からこぼれ落ちたところもあるだろうが、どうやら150億膳に届かないとみてよさそうだ。昨日の想定以上の減少である。

もちろん、これは昨年だからコロナ禍で飲食店需要が壊滅的になった事情もあるが、仮にコロナ禍後の回復を見込んでも、160億膳から170億膳までもどるか危うい。とくに国産は一度縮んだら回復しにくいだろう。廃業してしまいかねないからだ。

割り箸を使い捨てのファスト・カトラリーから工芸品・木工品へと意識の転換を図るべきではないか。

20200109_184354-2

吉野の製箸会社と吉野高校などがコラボしてつくった「文様割箸」。1膳550円くらい。こうした工夫でプラ塗り箸の座を狙うべきではないか。

« Y!ニュース「割り箸こそSDGsなアイテム。…」を書いた裏事情 | トップページ | 肉厚マダイと木づかい運動 »

割り箸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Y!ニュース「割り箸こそSDGsなアイテム。…」を書いた裏事情 | トップページ | 肉厚マダイと木づかい運動 »

November 2021
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先