無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 週刊東洋経済へ寄稿 | トップページ | ススキvsセイタカアワダチソウ »

2021/10/14

吉野杉の輸出に見る木材の「価値」

米の価格が下がっているようだ。このままでは米農家は立ち行かなくなる……という声が上がっている。たとえば東北6県の主要銘柄米(1等米60キロ)が、前年比2000~4000円程度下落した。これはゆゆしき事態だろう。直接の原因は、コロナ禍で外食産業が不振になったことだとされているが……。

ただ、ちょっと妙だ。今年3月には、2020年度全体で米の消費が2.2%増となったというニュースが流れていたからだ。中・外食消費量は3.7%減少したが、家庭内消費量は5.1%増だった。米は食べられているのに、取引価格は下がるとは……。

 

全然関係ないようで、思い出したのはYahoo!ニュースにあったこの記事。

パリ】フランス人の心に響いた「吉野材」に日本ブランドの未来を見る。

吉野からパリに輸出した吉野杉[YOSHINO WOOD]が評判を呼んでいるのだ。それをパリ在住の日本人がレポートしてくれている。こういうのは有り難い。フランス側の動きや感覚がよくわかる。

ともあれ、吉野杉の素晴らしい材質が理解されたか……というと、全然そうではない(笑)。

そもそも吉野材のヨーロッパ輸出は、2017年から取り組んでいた。最初はオーストリアに。だが、まったく成果は上がらず。ドイツのケルンで行われていた木材メッセにも吉野材を持ち込んだが、まったく相手にされず。

そこでどうしたか。……ぜひリンク先の記事をよく読んでほしい。読まずに、このブログだけで知ろうと横着してはダメよ。
ようはワインでいうテロワール、良質の木材が育てられる背景、環境、あるいはどういう人がかかわって、どういう木材の文化があるのかという、地理的、環境的、歴史的な部分、そういうストーリーと一緒に見せてゆくということなのだ。そして最終商品を見せる。

Photo_20211014213701(イメージです。)

実は、この吉野材の輸出に関しては、私も以前から聞いていた。肝心の人物にも会っている。ただ、聞くだけじゃダメだね。こうしてフランスの様子を紹介されているのを読んで、ようやく合点がいった。

私は20年以上前から「木材は情報素材だ」「木材の個別の機能はほかの素材より劣る」「価値は情操・感覚で伝えるべき」と言い続けてきたと自負しているが、それをキッチリ示している。

吉野杉の原木を見せても見向きもしなかったヨーロッパ人が、見事に反応したではないか。また原木ではダメなわけで、見せる形にしなければならない。

お米も一緒なんだな。もはや栄養をとって腹を満たす素材ではなくなっている。米を売るのではなく、テロワールで売る。料理で売る。たとえば玄米ではなく、おにぎりで売る。売る人の人柄で売る。そんな覚悟がいるのだろう。

« 週刊東洋経済へ寄稿 | トップページ | ススキvsセイタカアワダチソウ »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 週刊東洋経済へ寄稿 | トップページ | ススキvsセイタカアワダチソウ »

December 2021
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と筆者の関連リンク先