無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« Y!ニュース「「考えるな、感じろ」。森のようちえん……」を書いた本当の理由 | トップページ | コーンの中の生態系 »

2021/11/13

街路樹と微気候

いよいよ紅葉の季節。それで、たまたま見かけた街路樹なんだが……。

2_20211113223201

同じような植えられて並んでいるのだが、手前はまだ緑なのに、奥はすっかり色づいている。いや正確には、緑の木もなかには色づいた枝があったりして。なかなか複雑な色模様。

1_20211113223201

緑の木の両隣は赤いというのも面白い。これって、ようするに微気候ということなんだろうな。わずかな距離の差で、気候・気象が変わる。通りに風が吹き抜けるとか、地形とか段差とか。冷たい空気が滞留するところほど紅葉が進むということか。

ちなみに樹種は、ナンキンハゼっぽい。これ、外来種なんだが、やたら繁殖力があって、種子もすぐ拡散する。しかもシカも食べない。(街路樹まで食べに来ないけど。)シカし、奈良公園では増殖して、春日山原始林も浸食している。

ヤバい木とされているが、街路樹としては今も人気らしい。

ところで、オチなんだが、これらの街路樹、翌日には全部の枝の剪定が施されて、みんな電信柱ぽく伐られてしまったよ。もう紅葉の進展具合は見られなくなったのだよ。まあ、市の作業もスケジュールがあるので、紅葉し具合を見ながら木を選べないのだろうけど。ただ種子も一緒に刈り取ったから、周辺の山に増殖するのは抑えられるだろう。微気候より、強いのは剪定だ。

 

« Y!ニュース「「考えるな、感じろ」。森のようちえん……」を書いた本当の理由 | トップページ | コーンの中の生態系 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Y!ニュース「「考えるな、感じろ」。森のようちえん……」を書いた本当の理由 | トップページ | コーンの中の生態系 »

June 2022
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と筆者の関連リンク先