無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 雑誌のweb化と書店消滅 | トップページ | フォレスターアカデミージャーナル »

2021/12/15

国産サカキとコウヤマキ

農産物直売所で見かけた供花の列にあったのがこれ。

Photo_20211215220001

サカキだ。主に神道系の供花……というか依代だろう。が、張り紙にあるように「国産のサカキ」であることが売り物にしている。
そうなのだ、今や市場に出回っているサカキの9割以上が中国産なのであった。国産は珍しいわけだ。神道なのにねえ……。
ちなみに、売っていたのは和歌山県龍神村産でした。生産者の名前入り。

なお、その横に並んでいたのがコウヤマキ。

2_20211215220301

これも国産だ。なんたってコウヤマキは日本固有種であり、特産だから。こちらは真言宗の供花代わりに使われる。コウヤと着くのも高野山が由来で、単にマキ(槙)とか本槙と言う方が本物ぽい。ただ天然のコウヤマキ林はほとんどなくなっており、現在は造林したコウヤマキから枝葉を採取している。すると、その森はこんなのになる。

5_20211215220401

うねうね、にゅろにゅろ。萌芽が伸びて不思議な姿になっている。私は、これこそ魔界の森だと思ったよ。先日紹介した魔界の森の王の樹も、実はコウヤマキであった。

サカキやコウヤマキの供花生産も、立派な林業になっておりまする。

 

« 雑誌のweb化と書店消滅 | トップページ | フォレスターアカデミージャーナル »

森林活用(茶・蜂蜜・山菜…樹木葬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雑誌のweb化と書店消滅 | トップページ | フォレスターアカデミージャーナル »

June 2022
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と筆者の関連リンク先