無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 割り箸の歴史が1300年に! | トップページ | 「木材安全保障」と「森林安全保障」 »

2021/12/20

道なき道の山で発見した

運動不足で身体が重い。平坦なところを歩いてはダメだ。

というわけで、今度は山登り。当然、生駒山。とはいえ、私がフツーの登山道を登るわけはない。道のないところを登るのだ。

道路から、わずかな藪の裂け目を見つけて潜り込む。冬は草が枯れているから木々の間を抜けるのに都合がよい。人の道の通ったルートは避けて、いかに道のないところ、それでいて通れるところ、そして山頂へ向かうルートを見つけるか。

基本は稜線を中心に進むが、少しでも藪が薄いところを狙う。途中、幾度か山道に合流したが、横切る程度にして、できる限り避ける。あくまで道のないところを進むのだ。

すると、意外なところで人の痕跡に出会う。

20211219-1 20211219-3

倒木の下をくぐって……と思うとその前の木に黄色のテープが巻いてあった(゚д゚)。
さらに落葉に埋もれた急斜面をすべりつつよじ登ると……空き缶に出会う。

なぜだ。測量でもするつもりで入った人がいるのか。それともかつて人が通った道があったのか。いや、道がなくても、そこを突破しようと思うと無意識に通りやすいところを選ぶので、同じようなルートになるのかもしれない。本当はゴミだから捨てるなよ、と思いつつ、なんだか「ここに来たのは、オレだけじゃない」という気持ちにさせられる。

さて、無事に山頂に着いた。生駒山の山頂は遊園地である。

20211219-2

休園中だけど。無人の遊具が折からの強風で揺れていた。。。なんか、幻想的でいい感じ。

さて、下りも道なきルートを探すが、登りのような目標地点がないから難しい。下りで詰まったら撤退できずに危険でもある。

そこでわずかな人の痕跡を踏まえつつ、森を分け入る。不思議なもので、そこでも私が「このルート!」と思って進んだところにビニールテープの印がある。誰か先に通ったのか……。

やがて、どこからか湧きだした水が沢になり川になっていく。そこに沿うように下っていくのだが。なんと!

20211219-3_20211220204201

ぎょえ、石造りの遺跡だ。古代遺跡発見! と言いたいところだが、これ、滝に打たれる行場ではないか。こんな人里から離れた山の中に行場があるとは。周りは道があるようでないような、廃道レベルなんだが。おそらく戦前か戦後すぐぐらいにつくられたのだろう。神の山・生駒山には宗教施設がたくさんあるが、これもその一つだと思うが、完全に廃墟。

その後、結構下ってなんとか下の道に出た。いやあ、夏になったら、この行場にもう一度たどりついて滝に打たれてみようか。そんな気持ちにさせられたのである。

 

« 割り箸の歴史が1300年に! | トップページ | 「木材安全保障」と「森林安全保障」 »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 割り箸の歴史が1300年に! | トップページ | 「木材安全保障」と「森林安全保障」 »

June 2022
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と筆者の関連リンク先