無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 東京ビッグサイト、行き損ね | トップページ | 海につなげる割り箸の矛盾 »

2022/01/13

エンドユーザーが木桶をつくる

先日……というか昨年訪れた東京駅で、木桶を見た。

Photo_20220113162601

どうやら江戸の職人キャンペーンで伝統的な木桶仕込みの醤油を紹介していたらしい。もうキャンペーンは終わっているので、細かなことは知らない。

ただ、この醤油屋、実は木桶もつくっている(゚д゚)。

小豆島の醤油会社ヤマロク醤油が始めた木桶職人復活プロジェクトで、醤油用を中心とした巨大木桶の製造技術を学んで作り出したものだ。この点は、わりと各地のメディアも取り上げられているしら知っている人もいるのではないか。

これまで大きな木桶をつくるところと言えば大阪のメーカーしかなかったのだが、そこも廃業したらしく、いよいよ作り手がいなくなるというので、自ら学んで桶職人養成に乗り出したのである。

ここで私が注目したのは、使い手が作り手になったこと。職人の世界は、分業が多い。生産各段階で専門の職人に分かれているのだ。だが、この分業体制は、ほんの少し歯車が狂うとネットワークは崩れ、バラバラになる。そして商品の生産までストップする。あるいは別物になる。

私はいくつもそんな世界を取材してきた。絹織物も、漆芸も、和紙も、葛細工も。分業は全体像をわからなくするから、一カ所ピースが消えると、全体が消えるのだ。

その反動からか、エンドユーザーが川上に遡って全体の製造に乗り出す動きが各地の工芸各業界で生まれている。絹織物や染め物職人が養蚕から始めたり、漆塗り職人ウルシの植林から漆掻きまでやったり。和紙漉き職人がコウゾ栽培を始めるケースもあった。

もしかしたら、醤油や酒造会社が桶づくりだけでなく、樽丸づくり、そして林業にも手を伸ばすかもしれない。おそらく樽や桶に向いた木材は、枯渇しつつあるから。さらに住宅メーカーや家具メーカーが林業を始めるべきだね(⌒ー⌒)。林業界も、苗づくり業者が消えて、植林業者が消えているから、そのうち消える(笑)。

住友林業のように川上から川下に下って木材のエンドユーザーになってしまった会社はあるが、河口から源流まで遡る業者はいないだろうか。

 

« 東京ビッグサイト、行き損ね | トップページ | 海につなげる割り箸の矛盾 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

日田に江戸時代から醤油をつくり、次第に山林経営に踏み出し、1,000haを越える山林管理をされているマルマタさんがいらっしゃいますね。樽が目的かは存じ上げないですが、今も醤油と林業並列でやられています。

あああ、そうですね。マルマタさんは醤油からスタートしていました。(日田には醤油製造業からの山持ちが多い)
実は酒も含めて醸造業と林業は相性がいいみたいで、醤油(酒)で儲けたら山を買うケースはわりとあるみたいです。ただ、現在も醸造業を続けているところはあまりないかな。。。そして林業も儲からなくなって、不動産関係業になったところもある。

福島県の仁井田本家という酒蔵さんが、自社林の杉の木を使って木桶を造り、酒を醸すことを昨年から始めましたね。
次は植林も始めるかも知れませんね。

そうですか。自社山林の木で桶づくりを行いましたか。それは面白そうですね。これこそ醸造業と林業の融合だ。

タミヤ模型もそうでしたね。

へえ、タミヤ模型が (@_@)。知らなかった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京ビッグサイト、行き損ね | トップページ | 海につなげる割り箸の矛盾 »

May 2022
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と筆者の関連リンク先