無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« CO2の森林吸収分は減り続けていた! | トップページ | 石のカラト古墳の緑地 »

2022/01/24

首里城再建巡る動き急

先日、いきなり私の携帯がなり、見知らぬ人から電話があった。

内容は「例の木材の件だけど……」。例って、何だ。あ、ちょうどトガサワラ座敷のことを書いたからか?

が、話が食い違う。相手は不動産業者らしい。だいたい、どうして私の携帯の番号を知ったのか。え、木材業者から聞いた?

少しずつ整理して聞いていると、例の、とはこちらであった。

廃業時代に失われる? 日本の森が生み出した宝の行方

Dsc03587

これは、今や手に入らないような大径木材を在庫している業者の話だが、この木材を買い取りたいというのだ。で、それは、どうやら首里城建設に使うためらしい。(この当たりを明確に言わないのが不動産業界の手口か。)

しかし、私に聞かれても困る。しかるべき業者との窓口を通してくれということで切った。これまでも問い合わせはあったが、いよいよ現実的な木材売買の動きに感じる。う~ん、私もブローカー的に振る舞って1割は斡旋料だぜ、と啖呵切ったらよかったかもなあ。

どうも、首里城再建の動きが加速しているようだ。

首里城のためならカシの大木の伐採OK? いや反対?

3_20220124202201

昨年もこんな記事を書いたが、各地で木材熱めが進んでている。またテレビにュースでは、長崎でも伐られたらしい。

長崎】沖縄首里城復元に木材伐採

佐世保市江上町のミカン畑の斜面に生える2本のマキの木が、首里城正殿の「向拝柱」と呼ばれる4本の柱のうちの2本とするため伐採されたというニュースだ。幹周り約2メートル40センチ。高さ20メートルほどで、樹齢は200年から300年ほど。これだけでなく、長崎県内からは松浦市や雲仙市からも合わせて7本が沖縄に送られるとのことだ。

かき集めた木材で、今年から建設が始まり、5年かけて再建する計画である。

しかし、トガサワラの件で知ったのだが、全国各地の木材業者はまだまだ隠し持つ材があるね(^_^) 。トガサワラだって、すでに伐採・製材済みの材が相当眠っているそうだ。ヒノキの大木もあるし、価格さえあえば、それらを放出するつもりの業者はかなりいる。首里城再建は、千載一遇のチャンスとみんな待っている。金に糸目をつけずにいるからなあ。

20220108-5

トガサワラの板。100枚くらいストックしているそう。「木材業界には闇があるんだよ」と教わった\(^o^)/。

私の所なんぞに問い合わせて来なくても木材はあるよ。金さえ出せば。

 

« CO2の森林吸収分は減り続けていた! | トップページ | 石のカラト古墳の緑地 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CO2の森林吸収分は減り続けていた! | トップページ | 石のカラト古墳の緑地 »

May 2022
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と筆者の関連リンク先