無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 植物園で考えた | トップページ | 明治神宮一の鳥居立替 »

2022/02/03

4日間の東京遠征と落とし穴

オミクロンの海を泳ぐように、4日間の東京遠征、終わりました(^^;)。

なんだかんだで忙しかった……というか、忙しく動き回っていた。たっぷりコロナウイルスを吸い込んだかもなあ。

初日は、すでに報告したようにBS11の番組に出演。残念ながら放送時は酒に酔って見るのを忘れてしまった。あわててテレビのチャンネルを合わせたらちょうど終わるところだったという……。収録なんだけど、生扱いで、まったく編集なしで放送する。CM時間もそのまま空ける。というので、それなりの準備をしていたのだが、なんと時間がなくなり(おそらく5分以上)、最後の「提言」まとめ部分がカット。いきなり、「あと30秒でまとめてください」と示されたので焦ったのであった。

ところでスタジオでは、バックがグリーン。だが放映時には、本棚などが並んでニュース番組らしいスタジオが映っていたはずだ。なるほど、合成だったのか。だからグリーンのものを身の回りにつけないでくれと言われていたのだ。

20220131_185549_20220203223101

そしてモクコレ講演も、スタジオからのライブ発信。こちらはバッチリ時間内に収めてみせた。こちらはアーカイブも見られるようだ。

モクコレ・セミナープログラム

ただ味気ないのお。青山のスタジオに入ると、放送関係者は、モクコレとは基本的に関係ない中継スタッフという感じで、てきぱきと中継し、終わったらさっと解散なのであった。会場参加者もいないし、同じ講演者とも出会わない。

今回の収穫は、こうした仕事とは別に帰る前に寄った、国立科学博物館で見かけた展示。

Photo_20220203223801

なんと日本には世界最古の落とし穴があるのだ。それも何百と。愛鷹山、箱根山麓には3万年前の落とし穴の遺跡がたくさん見つかっているのだという。落とし穴猟というのが、一般化していたことに感動。ここが私の琴線に触れた(笑)。

ちなみに私が落ちた穴は、腰痛を引き起こしたことかな。。。。

 

« 植物園で考えた | トップページ | 明治神宮一の鳥居立替 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

BS11、拝見しました。
ステロタイプな常識を題材にして反実仮想を実習するのかと思ったら、事実の紹介から始まる、大人しい構成でした。放送時間の制約があったり…(異論の検証実習は「虚構の森」誌上で!)
まとめの部分で流れが不自然だったのは、時間が押したワリを食ったわけですね。舞台裏の話をありがとうございます。

見ましたか。ありがとうございます。
反実仮想なんて小難しいことをテレビではできません(^^;)。
最後、オークヴィレッジの事業への感想をいう段になって、「まとめて」と言われたので焦りました。まあ、なんとかそれらしくなったかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 植物園で考えた | トップページ | 明治神宮一の鳥居立替 »

June 2022
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と筆者の関連リンク先