無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« バイオマス白書2022が公開 | トップページ | 新興大山主、次々 »

2022/04/04

林業産出額と、木材生産量

林業産出額が、5000億円を割り込んだというニュースが流れていた。農林水産省が公表した最新データでは、2020年の林業産出額は対前年比2.9%減の4831億円にとどまったというのだ。

林業産出額は、2018年に18年ぶりに5000億円を上回り翌年も5000億円台だった。それが落ちたわけである。直接の理由は、木材需要が落ちたことに求めているが……。

Photo_20220404161901

ちょっと気になって、木材生産量の推移を調べてみた。すると、農水省の統計にこんな言葉が出ている。

令和元年(2019年)の国内生産量は、3,098万8千立方メートルとなりました。前年と比較すると78万7千立方メートル(2.6%)増加しました。国内生産量は、平成22年から10年連続で増加しています。
これは前年に比べ、用材が12万5千立方メートル(0.5%)増加したこと、しいたけ原木が2万3千立方メートル(8.4%)減少したこと、燃料材が68万4千立方メートル(10.9%)増加したことによります。

令和2年(2020年)の国内生産量は、3,114万9千立方メートルとなりました。前年と比較すると16万1千立方メートル(0.5%)増加しました。国内生産量は、平成22年から11年連続で増加しています。
これは前年に比べ、用材が182万5千立方メートル(7.7%)減少したこと、しいたけ原木が9千立方メートル(3.6%)減少したこと、燃料材が199万5千立方メートル(28.8%)増加したことによります。

なんだ、木材生産量は伸び続けているではないか。

2_20220404162201

結局、建材(製材と合板)需要は減っても、それをカバーするほど燃料材が伸びていたのだ。それでも金額的にはマイナスになったのは、価格が落ちたことを意味する。つまり木材生産量は増やしても、全然報われない。売れないから安くしてどんな用途でもかまわず突っ込み、見た目の量を増やしたものの、売上は落ち純益はもっと減る。林業の地盤沈下はより加速する。

おそらく政府の統計としては、今後は産出額をあまり表に出さず、生産量の拡大を高らかに歌い上げるのではないかなあ。

 

 

« バイオマス白書2022が公開 | トップページ | 新興大山主、次々 »

政策・行政関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バイオマス白書2022が公開 | トップページ | 新興大山主、次々 »

June 2022
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と筆者の関連リンク先