無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 切り株の上のロストワールド | トップページ | 津田梅子と土倉政子の接点 »

2022/04/22

達磨寺の宝はどれだ

野暮用があって、奈良県の王子町を訪れた。そこで寄り道したのが、達磨寺。達磨大師ゆかりの古刹だが、私の目的は境内にある小さな墓である。

20220422_173420

松永弾正久秀の墓だ。戦国時代の梟雄、主君を討ったとか大仏を焼いた大悪人と言われるが、近年評価が上がっている。信長に先んじて新時代を切り開いたとされるんだが、私の母は松永一族の出なので親近感がある。

そこで、ちょいと詣でたのだが、そこで見かけたのがこれ。

20220422_173533

巨大フジである。

フジも林業界では、スギやヒノキに巻き付く嫌われものだが、その花の美しさの方が今や価値がある、かも。これだけデカイ蔓だと、期待してしまう。

次に目に留まったのは、こちら。

20220422_173551

竹だけど、株立ちしている。これは日本の竹にはない特徴だ。熱帯アジア産の竹なのである。伝説では達磨大師がインドから持ち込んだというのだが、達磨大師って日本には来ていないはずなんだか(^_^;)。

誰が持ち込んだのか。外来種という点からも気になる。

さて、この3つの興味あるもののうち、私がもっとも気に入ったのは、どれでしょう。もちろん。。。

 

« 切り株の上のロストワールド | トップページ | 津田梅子と土倉政子の接点 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 切り株の上のロストワールド | トップページ | 津田梅子と土倉政子の接点 »

May 2022
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と筆者の関連リンク先