無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 老齢林ほど成長する!? | トップページ | 特用林産物を忘れない »

2022/04/10

奈良公園のコロナ対策の衝立

最近、ちょくちょくと奈良公園周辺に出かけるのだが、奈良すごいぜ、と思うことが増えた。

観光地なのだ。

というと、呆れられるか。奈良は(コロナ禍前は)年間1000万人以上が来訪した日本屈指の観光地である。が、現実には20年ぐらい前は全然観光地ぽくなかった。東大寺だ興福寺だ、その間の奈良公園にはシカがいるよ、といった観光地ではあったが、日常的な町はまったく観光客を寄せつけないというか、寄ってくれないというか。。。駅前の商店街だって、フツーの店ばかり。観光エリア(というよりピンポイントの観光地)と市民エリアがくっきり分かれているようだった。

ところが最近は、すっかり垢抜けしてきた。それも私的にはよい方に。たとえば午後8時を過ぎたら開いている飲食店がないと馬鹿にされがちだが、それは本気で町を歩いていない証拠。よくよく路地まで歩くと、結構店がある。世間がマン防だとかで店が閉まっていた時期でも奈良はしっかり開いていた。だってマン防も緊急事態も発令していないから。(だから大阪からわざわざ奈良まで飲みに来る客が少なくなかった。)

そしておしゃれな店が増えた。昭和の喫茶店しかないのか、と思わせた平成時代だが、令和になって隠れカフェ的な店がそこかしこに見つかる。それこそ、こんな路地まで観光客来ないでしょ!と思わせるところに店がある。飲食店だけでなく、工房あり、ゲストハウスあり。団体客は入りづらいだろうが、一人二人の旅にはむしろ心地よさそう。むしろ、どこにどんな店があるか、と探す楽しみがある。安く長期滞在できるし、町家の風情も味わえる。

おそらく町を歩いて自分で面白スポットを探したいような通の旅人に、奈良は絶対楽しめる。

……と奈良の旅をオススメしたところだが、そんな中で見かけたもの。

Photo_20220410202901

奈良公園の中に野外にテーブルが並んでいて、好きに座ってゆったりできる。春先のサクラの花の季節にはなかなかよい。

が、そのテーブルの真ん中にあるのは……衝立。やはりコロナ対策に向かい合って座った人に飛沫を飛ばさないようにしているのであった。野外で……。なんか無意味だなあ、と思ったのだが、その衝立が杉板であった。アクリル版でないところが好感。こんなところに一工夫?

4_20220410203501 

聖武天皇陵近く、ほとんど人影のない、そこに道があるとも気づかないような路地にも店があった。

Photo_20220410203501

「自由に落書きしてください」というビル。こうした感性が育っている。

« 老齢林ほど成長する!? | トップページ | 特用林産物を忘れない »

地域・田舎暮らし」カテゴリの記事

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 老齢林ほど成長する!? | トップページ | 特用林産物を忘れない »

June 2022
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と筆者の関連リンク先