無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 津田梅子と土倉政子の接点 | トップページ | Y!ニュース『広がる盗伐を「伐採届の改定」は……』書いた裏事情 »

2022/04/24

地球温暖化で森は減るか増えるか

以前、ネイチャーでこんな研究結果を目にした。

ヨーロッパのほとんどの地域で1986~2016年のブナの成長量が1955~1985年より減少しており、最も著しいのが南ヨーロッパで、成長量が20%減少した。
北ヨーロッパの国々(デンマーク、ノルウェー、スウェーデンなど)では、成長量が最大20%増加していた。
南ヨーロッパのブナの成長量が2090年までに最大30%減少し、干ばつが定期的に発生すれば、50%以上減少する可能性がある。
中央ヨーロッパの山岳地帯ではブナの成長量が25%増加するかもしれないが、ヨーロッパ全体では成長量は減少すると予測している。

なるほど、気候変動(地球温暖化)が進めば、必ずしも森林が減るわけではなく、増えるところもあるわけだ。暖かい環境を好む植物がいるのは当たり前。ヨーロッパの場合は、ブナ林が南部は減って北部が増える。その差し引きが問題なのだが……。ここでは、何の木が増えるのか書いていないか。とりあえず自分のところは増えるなら温暖化もいいか、なんて考え出す人も出るかもしれない。

そして、今度は森林総研の研究。

気候変動により森林が拡大する地域、縮小する地域を高解像度で推定
―気候ストレスの影響を地球規模で評価するモデルを開発―

こちらは森林全体の面積推移を予測したものだが、地球全体ではこんな具合。気候の変化で森林分布が拡大・縮小する地域を、約1平方キロメートルの高解像度で推定したものだ。21世紀末における現在(1986~2005年)からの気温上昇が2.6~4.8℃(平均3.7℃)という予測を元に計算している。気温だけでなく、水の分布(降水量など)も変わるだろう。森林火災も多発するかもしれない。
気候条件だけでなく、気候の変化が飢饉などを生み出し、それが戦争を誘発する可能性だってある。戦争になれば森林にも影響がある。さすがにそこまで読んだ予測ではないだろうが。

Photo_20220423122501

ロシア、カナダ、アメリカ(アラスカ)といった北極圏が軒並み森林を増やすという予測結果となった。ロシア、喜ぶのか? 熱帯地域は軒並み減っている。

日本は……わかりづらいが減っているのかな? 森林は今でも多いわけだが、高温に対応できない樹木も出てくる。ただある種が減っても、すぐ割り込んでくるほかの植物もあるはずなので、全体としては減らないか。もっとも増えるにしても、すごい気候災害が伴いそう。

あ、災害で人間社会が影響を受けて、たとえば工業地帯が壊滅するとかすれば、二酸化炭素の排出が減り、気候の変動も自然界とはちがうのようになり、これまた森林にも影響があるはず。海面が上昇して、平野部が沈むことも有り得る。それも二酸化炭素の排出を減らすか増やすか。

予測はわからないことばかり。

« 津田梅子と土倉政子の接点 | トップページ | Y!ニュース『広がる盗伐を「伐採届の改定」は……』書いた裏事情 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 津田梅子と土倉政子の接点 | トップページ | Y!ニュース『広がる盗伐を「伐採届の改定」は……』書いた裏事情 »

May 2022
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と筆者の関連リンク先