無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 「大睡蓮」を見てきた | トップページ | アーボリカルチャの先駆「木おろし」 »

2022/05/23

竹を一刀両断、にはならず

タケノコが高く伸びて,竹になった頃は、まだ棹は柔らかい。

それをナタで、一刀両断すると、スパッと切れて気持ちいい。なんか日本刀で憎き仇の首を切る気分(⌒ー⌒)。

がしばらく年月が経ってしまうと、硬くなる。すると切るにも、ナタでコツコツと削るような感じに……。

20220507_134721

まさかや~。伐ったのに切れん。いや、倒れん。

そのうち風でも吹いて倒れるかなあ。

« 「大睡蓮」を見てきた | トップページ | アーボリカルチャの先駆「木おろし」 »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

竹の害虫
2018年ごろ東京で竹にだけつく中国産のセミが3年連続みつかったというラジオ報道があったのを記憶しています。

現在は駆逐されたのでしょうか。

いやあ、そのような害虫は知りませんでした。竹につく害虫はいくつかいますが、セミですか。
今、どうなったのだろう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「大睡蓮」を見てきた | トップページ | アーボリカルチャの先駆「木おろし」 »

June 2022
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と筆者の関連リンク先