無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« コウモリ撃退スプレー | トップページ | 林地開発許可制度による面積変更 »

2022/07/10

睡蓮を見にゴルフ場に

ふと、睡蓮の花を見たくなった。

そこで訪れたのは、我が家からほど近くのゴルフ場。このゴルフ場内には、かなりの残置森林があり、その中にため池も取り込まれている。そこに睡蓮があることを知っていたからだ。

門より堂々と侵入(^^;)。そして池のある近くに車を止めて山の中に分け入る。

1_20220710170901

ありました。池の大半を睡蓮が覆っている。

5_20220710170901

ただ花は、まだあまり咲いていない。ちょっと早かっただろうか。
また出直そう。

6_20220710170901

それにしても、この池の奥はどうなっているのか。フェアウェイに出てしまうのか。でも、わりと谷あり山あり、起伏がある。次はもっと奥まで分け入ってやろうかと思うが、見とがめられるとヤバいかなあ。

里山も開発が進むと、どこも人為が入っている。ため池もコンクリート護岸になるなど味気ない。その点、ゴルフ場内には自然が残されていることが多い。残置森林はゴルフ場面積の約半分を占める。しかも、ゴルフ場としては芝地が大切でしっかり管理するが、森林はほとんど管理されず放置されがちだ。それが結果的に自然を残す。18ホールのコースなら、ざっと50ヘクタールは残されて手つかずの可能性がある。しかも、外部からの侵入は(私のような不埒な人はともかく)規制されている。

そんなため池を探せば、ホタルや稀少淡水魚もいるかもしれない。狙い目かな?

 

 

 

« コウモリ撃退スプレー | トップページ | 林地開発許可制度による面積変更 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コウモリ撃退スプレー | トップページ | 林地開発許可制度による面積変更 »

August 2022
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と筆者の関連リンク先