無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 達磨で、映える寺 | トップページ | Y!ニュース「海を渡るトキは、メスばかり……」を書いた裏事情 »

2022/08/08

ブックデザインの妙味

ブックデザインというより、本の装幀と言いたい。本の活字や写真の並びまで含んで装幀という場合もあるが、やはり最重要なのは本のカバー装幀は大切だ。売上を左右するし、何より印象に残るか残らないかに、本の表紙が与える影響大なのである。

奈良県立図書情報館を訪れた。すると世界のブックデザイン展を行っている。各国で開かれた2020年コンテストの優秀作らしい。

20220728_160208 20220728_160254

なるほど、凝ったデザイン、装幀の本が並ぶ。表紙が立体的になって中が覗けるものがあったり、もう表紙だけで芸術作品ぽさがあったり。逆に地味すぎて、これのどこが?というものもあるが(^^;)、それぞれのお国柄か。

ちなみに私の本のデザインでは、事実上の処女作(実は別の本があるのだが、そちらは置いといて……)は、友人の装幀家に頼んだ。ところが、版元が「4色(つまりカラー)は使えない」というので、悪戦苦闘させられるのだが……かくして『不思議の国のメラネシア』が出来上がった。

P5310009_20220808154301

同じ友人に頼んだのには、『森と近代日本を動かした男・土倉庄三郎の生涯』の複製本『樹喜王 土倉庄三郎』がある。

 

1_20220808154401

中身は私が版権持っているわけだから、同じ内容を自分で出版してもよいが、表紙やタイトルは版元とデザイナーがつくったものなので変えることにした。そして再び友人に頼んだわけである。タイトルは『樹喜王 土倉庄三郎』としたわけだが、帯はつけられないので裏表紙カバーに文字を入れる手を使う。しかしでデザイン的にも『森と近代日本を動かした男』より気に入っている。

ちなみに元の本はこんな感じ。

Sanrino_20220808202001

悪くはない。山林王の雰囲気は出ていると思うのだが、印象に残るかと言えばどうだろうか。

さて、15日後に出版する『フィンランド虚像の森』。この本は私の著作ではなく監訳者扱いのだが、なぜかタイトルやカバーデザインにも口を出している(^^;)。さらに帯文にも……。

91bpccbuqzl

監訳および解説文だけなら、本書の売れ行きの責任はあまり感じないつもりだったのだが、装幀まで口を挟んだとなると……いやあ、気にしないでおこう!

« 達磨で、映える寺 | トップページ | Y!ニュース「海を渡るトキは、メスばかり……」を書いた裏事情 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 達磨で、映える寺 | トップページ | Y!ニュース「海を渡るトキは、メスばかり……」を書いた裏事情 »

September 2022
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と筆者の関連リンク先