無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 雨の山 | トップページ | 森林哲学の基礎編『森の経済学』 »

2022/08/11

発掘された扉

生駒市の隣なんだが、山超えたところにある大東市。そこの歴史資料館に行ってきた。

こじんまりしているが、こんな展示が。

1_20220811161001

何かわかるだろうか。木の扉なのである。ちゃんと把手が刻まれている。しかも発掘されたのは井戸跡。どうやら扉としては傷んだのか破棄したものを井戸の壁面(井筒)に使ったらしい。

材質はスギだろう。幅は80センチ級だが、一枚板を削って把手も含めて板にしたものらしい。時代は古墳時代。5~6世紀か。おそらく倉庫などの大きな建物の扉だろう。

井筒だったから腐らずに済んだのかもしれない。こんな遺物は、意外と珍しく日本ではほかにないらしく、当時の建物の建材がわかる唯一の資料だそうである。

« 雨の山 | トップページ | 森林哲学の基礎編『森の経済学』 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の山 | トップページ | 森林哲学の基礎編『森の経済学』 »

September 2022
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と筆者の関連リンク先