無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« Y!ニュース「次世代森林産業展のベクトル…」を書いた裏事情 | トップページ | 柑橘の新利用法を考える »

2022/09/21

神津島のハイマツからジンをつくる?

週末訪れた伊豆諸島の神津島には、天上山という標高577メートルの火山があるのだけど、なんと6~7合目以高は、森林限界になっている。植生は膝の高さにしかない。

20220916-122542_20220921211701

しかも山頂周辺は岩石地帯で、砂漠もある。まるで3000m峰を登ったみたいな気分である。なんとハイマツまであるのだ。(種としてはクロマツだろうけど。)海風が強いからだろうが、不思議だ。

20220916-122230 20220916-155024

こんな具合に岩に張りついている。

そこで気になったのが、ハイマツの実である。

20220916-155019

私は考えたのだよ、この実をスピリッツに漬け込んだら、ジンになるのではないかと(^^;)。神津島の特産品が誕生するぞ。島に酒造メーカーがないのはちと弱いが、梅酒など果実酒のようなつくり方ならできるはず。度数60度ぐらい(コロナウイルス消毒用アルコールとして作ったけど、売れていないから買い集めたらいい)のスピリッツを仕入れて、ハイマツの実をボタニカルとするのだ。ジンの味を決めるのはジュニパーベリーだが、その日本名はセイヨウネズ、ネズマツとも言うではないか(ネズはビャクシン科だけど)。実際実は爽やかなヤニ臭さがあって、似ていなくもない( ̄^ ̄)オイオイ

最近、日本の酒造メーカーがこぞってクラフトジンを作り出している。日本酒の消費が頭打ちで、何か新商品を考えたら、蒸留酒となるのだろう。その中でウイスキーに向かうメーカーはあるものの、熟成に最低でも数年かかる。その点、ジンはハーブのような植物性材料を漬け込むだけだから、早い。しかもボタニカルの種類によって個性を出せるから差別化しやすいからこぞって参入すると睨んでいる。

サトウキビをつくる南洋の島でラム製造が流行ったこともあるが、寒い本土では真似できない。そこでジンに行き着いた?

……というような読みをしてみた。

ちなみに私も、新たなお気に入りのジンを発見。

20220808-131356_20220921213801

ケイデンヘッド社のクラシックジン。クラシックとは? と試しに購入したが、イギリスで誕生した頃のジンの味を保っているとの評判。これがガツンと来るのだよ。度数50度と高いからだけど(^^;)。これに神津島ハイマツの実を入れてみようなかな。

追記・クロマツではなくネズそのものではないか、との指摘。ハイマツではなくハイネズだった。

« Y!ニュース「次世代森林産業展のベクトル…」を書いた裏事情 | トップページ | 柑橘の新利用法を考える »

地域・田舎暮らし」カテゴリの記事

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

この写真のものはハイマツではなく、ハイネズではないでしょうか?伊豆諸島だと「オオシマハイネズ」の可能性もあります。ビャクシン属なので同じくジンには向いているでしょうし、伊豆大島あたりに自生する種なのでクラフトジンにはもってこいかもしれませんね。

調べました。ハイネズです! 

クロマツと書いてあったから信じたけど、内心、クロマツの葉と形が違うなあと思っていた(笑)。そうか、神津島にはハイネズがあるんですね。これはジンにもってこいだわ。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Y!ニュース「次世代森林産業展のベクトル…」を書いた裏事情 | トップページ | 柑橘の新利用法を考える »

December 2022
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

森と筆者の関連リンク先