無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 国産材の「安定供給」試論 | トップページ | プレジデントオンラインと『虚構の森』3刷 »

2022/09/13

Y!ニュース「大規模な伐採……」記事にコメント

Yahoo!ニュースにこんな記事が掲載されている。

大規模な伐採、豪雨により「土砂崩れが多発」 見直し求められる林業政策 #災害に備える

内容は、各地で大規模な皆伐が行われており、それによる山崩れが多発していることを報告したものだ。

Photo_20220913160201

へえ~、私以外にYahoo!ニュースに林業系の記事を書く人がいたのか……と、そこに感心していたらイカンのだが、コメントを求められたのでつける。いわゆる「オーサーコメント」(Yahoo!ニュース執筆者が専門を活かしてつけるコメント)である。

筆者の西岡千史氏は、「1979年、高知県生まれ。2006年、早稲田大学第二文学部卒。「THE JOURNAL」「週刊朝日」「AERA dot.」編集部記者を経て、現在はフリーランスの記者として活動している。」とあるから、朝日新聞記者からの転進かな。あるいは朝日系の契約記者か。まあ、それはどうでもよいのだが、全国各地を歩いてよく調べている。それもそのはず、これはYahoo!ニュースオリジナル記事のようで、経費も出たのだろう。

ただ、相変わらず「安い輸入材に押され」日本の林業はダメになったとか書くのは、まだ勉強不足(笑)。以下のような文もある。

林業の専門機関によると、2018年に木材生産のために主伐された森林約8万7000ヘクタールのうち、皆伐面積は5万ヘクタール前後だという。皆伐面積は少しずつ拡大する一方、豪雨時には皆伐跡地から土砂崩れが多発している。再造林も主伐面積のうち約3万ヘクタールにとどまっている。

どの専門機関だろうか。主伐と皆伐を分けているのだね。定義上の違いはわかるものの、ほとんど同義だと思うのだが。それに対する林野庁の見解も相変わらず。

さて、私のコメントは400字しかないので、林業による山地崩壊について触れるのは止めて、国の唱える「林業の成長産業化」なるレトリック指摘に絞った。結果、ほとんど林野庁批判に費やしてしまったよ。ご笑覧あれ。

 

« 国産材の「安定供給」試論 | トップページ | プレジデントオンラインと『虚構の森』3刷 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

この記事読みました!驚かされたのはこの記事に対するコメントの多さです。皆さんそれぞれにいろんな思いをお持ちのようで、ぜひ良い方に転がってほしいと思います。

たしかにコメント数多いですね。でも、これで林野庁が政策を変えることはほぼ有り得ないでしょうね。単に私を恨むだけ(笑)。
そのうち大規模な山崩れが起きて犠牲者も多く出て、初めて皆伐抑制に動くのではないかな。予防的に動くことができない組織だから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国産材の「安定供給」試論 | トップページ | プレジデントオンラインと『虚構の森』3刷 »

December 2022
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

森と筆者の関連リンク先