無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 琵琶湖疏水と土倉家 | トップページ | 国産材の「安定供給」試論 »

2022/09/11

次世代森林産業展、覗き見に

今日は、朝から大和葛城山に登ってきた。

疲れた。1000mに届かない、初心者向きハイキングコース! のはずが、なんだ、このきつさは! 急坂のレベルではなく道の落差が半端ない。

というわけで疲れています。

とりあえず本日書いておくのは、今週15日に東京ビッグサイトで開かれている次世代森林産業展2022FORESTRISE(フォレストライズ)を覗きに行ってくることになりました。もし同じく参加もしくは出展している方で、私に気づいたらお声をかけてください。

思えば3年前、この前身の展示会、長野県で開かれた木材フェア(だったっけ?)で『絶望の林業』を販売したのだった。あ、講演もしたのだった。なんと書店で発売前にもかかわらず300冊を売り切ったと記憶しております。

どこか見て面白いブースがあったら教えてください。フィンランド大使館も出展しているみたいだけど(⌒ー⌒)。

20220911-142659

写真は、葛城山登山口で見かけた、木造3階建ての水車小屋。よくわからんけど。

 

« 琵琶湖疏水と土倉家 | トップページ | 国産材の「安定供給」試論 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

5年前の第1回は国際ウッドフェア
3年前の第2回から今の名前になったはずです

ありがとうございます。たしかにウッドフェアでした。
2019年はウッドフェアでしたよ。私も講演したのだから間違いない。
次世代森林産業展に名を変えて、すぐコロナ禍だったな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 琵琶湖疏水と土倉家 | トップページ | 国産材の「安定供給」試論 »

December 2022
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

森と筆者の関連リンク先