無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 柑橘の新利用法を考える | トップページ | 「アバター」の森の世界のモデル »

2022/09/23

「風のロウソク」はFSC印

バッタもんを扱う店があって、そこには中古も含めてなかなか面白い商品が並ぶので、私は時折覗きに行くのだが、今回また素敵なものを発見。

20220923_152806

20220923_152821

わかるだろうか?何やらおしゃれなパッケージだが、ようは角材である。ただ、「wind candle」と書かれてある。直訳すると風のろうそく?
その正体は、写真を見てほしい。下部に穴があって、そこにある導火線に火をつけると、やがて全体が燃える仕掛け。煙突効果で炎が植えに吹き上げるのか。ロケットストーブの原理と似ている。
タンコロ、丸太などでは木ろうそくとか、丸太コンロとか、最近ではスウェーデントーチなんて名で売られていたりもする。私も本ブログで紹介している。

それを、もっと小さく楽しめる形態に改良したものか。導火線の奥には何があるのはわからない。ロウソクのような着火剤が詰められているのではないかと思うが、簡単な加工で、なかなかのアイデア商品だ。着色してカラフルにしてある。

大小あるが、1時間半ほど燃え続けるということで、試したくなった。問題は場所だ。試すのも夜の方がいいのかな。

が、より注目すべきは、この材料。ポップをよく読んでほしい。

20220923_152821_20220923201401

なんとFSC材を使っているのだ。そういや製造国を確認していなかった。よーくラベルを観察すると、「メイド イン EU」とある。ヨーロッパであることは想像していたが、冠詞などからフランスかな。ラテン系の言語ぽい。なお日本語の説明文にもFSCであることを記すとは、なかなか担当者もわかっていらっしゃる。

夏が過ぎて、価格も暴落、いや大幅値引きしている(元の価格、ちょっとぼりすぎ)ところを見ると、またバッタ屋に流れているところを見ると、売れ残りだろうが、そのうち試してみよう。

 

« 柑橘の新利用法を考える | トップページ | 「アバター」の森の世界のモデル »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柑橘の新利用法を考える | トップページ | 「アバター」の森の世界のモデル »

December 2022
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

森と筆者の関連リンク先