無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 新聞に「山崩れと林業政策の関係」 | トップページ | 木材自給率がダウン!その裏事情を読む »

2022/10/01

「土倉」というワイン

驚くべき話。

「土倉」というワインがある! アメリカ・カリフォルニアのナパバレーで醸造された有機栽培のブドウによる赤ワインである。ワイナリーは、MATERRA。

Photo_20221001205301 

ちょっとラベルのところを拡大すると……。

Photo_20221001205302

読めるだろうか。漢字で「土倉」と浮き彫りになっている。実は、白ワインには「森閑」、ロゼには「よしの」と命名されている。(日本語シリーズ。)

驚くのは、これだけではない。

ワイナリー「MATERRA」は、キューナット・ファミリーの経営なのだが、実は当主ブライアンの妻は、土倉家の末裔。正確にいうと、土倉庄三郎の長男鶴松の子、安生の娘・美紀である。安生は養子に出て小幡姓になったが、娘がアメリカに渡っていた。アメリカ人は、ルーツ探しが好きだが、妻のルーツをたどって川上村の土倉家に行き着き、その名を残すためにワインに「土倉」と命名したのである。

土倉家の末裔は、各地に広がっていることは感じていたが、とうとう海外に。そこには波瀾万丈の歴史ストーリーを抱えていた。もはやトーマス・マンの長編『ブッデンブローク家の人々』、日本版なら北杜夫の『楡家の人々』なみの大河ドラマである。

実は、川上村で10月29日に催される「ガストロノミー」に出展されるらしい。もう満員御礼だけど。私も所用があるので参加できないが、味わえる人もいるだろう。

ちなみに、私はデザートワイン「AMABIE」をいただいた。

2_20221001211001

名前がAMABIE 、あまびえだよ……。ラベルを拡大すると。

1_20221001211001

これ、あまびえのイラスト。日本の抗コロナ・キャラクターも世界的になったもんだ。。。(^o^)

ただし、貴腐ワインのように材料費がかかりすぎて、市販できない代物らしい。私は、ちびちびといただいております。

« 新聞に「山崩れと林業政策の関係」 | トップページ | 木材自給率がダウン!その裏事情を読む »

土倉家の人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新聞に「山崩れと林業政策の関係」 | トップページ | 木材自給率がダウン!その裏事情を読む »

December 2022
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

森と筆者の関連リンク先