無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 止まらない?平群町メガソーラー急展開 | トップページ | 復元城巡りの旅 »

2022/10/08

倉敷・洋館の中の和室

気がつけば3連休らしい。私は……一昨日まで3日間、旅に出ていたからもういいや(^^;)。むしろ溜まっている仕事を片づけねば。

訪れた一つが倉敷なのだが、この美観地区は、倉敷紡績を中心とした巨大紡績基地の跡地を利用した街。そこにはアイビースクエアを代表とする洋館が並んでいる。そして大原美術館。

6_20221008213801

まあ、ここに行くために泊まったようなものなのだが……3度目である。が、お目当ての絵は展示されていなかった……(TОT)。

そんな街でも、よくよく見れば、明治時代の和館が多く並ぶ。むしろ明治時代は数寄屋建築など日本の建築の粋が完成した時期と言われているのだよ。

めについたのは、こんな板塀と扉。

20221006-08343420221006-083434-2

この扉、よくよく確認したが、幅1mを超す。しかも芯を通っていないので、元の丸太は直径1・5m級だろう。この戸だけほしい。

そして、肝心の大原美術館だが、その中には本館から続きの巨大座敷があった。

3_20221008214401

そして枯山水の庭。そんなところに目を向けてしまう……。病気だ。

« 止まらない?平群町メガソーラー急展開 | トップページ | 復元城巡りの旅 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 止まらない?平群町メガソーラー急展開 | トップページ | 復元城巡りの旅 »

April 2024
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先