無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« お土産は花束 | トップページ | 倉敷・洋館の中の和室 »

2022/10/07

止まらない?平群町メガソーラー急展開

昨年の8月にアップしたYahoo!ニュース、奈良県が止めたメガソーラー計画の現場から見えてきたもの 

が、急にツイッターのリツイートが増えだした。もともと長く反響は続いているが、こここのところ激しく伸びている。
何かあったのか、と考えてみるに、どうやら地元平群町の町長選挙に「メガソーラーを考える会」の事務局長・須藤啓二氏が立候補を宣言したことに触発されたのではないかと気付いた。

Photo_20221007144201

このメガソーラー計画、実は終わっていない。今も蠢いている。ちょっと報告しておきたい。

というのも、記事にもあるように、メガソーラー計画は奈良県がストップをかけて建設ガイドラインも設けたことから、ほとんど中止に追い込めたと思えていた。いやいやそう甘くはないぞ、この業界は魑魅魍魎が跋扈している……と思いつつも、かなり中止が濃厚のように感じていた。水路勾配の嘘を簡単に適正値にできるわけない……。

しかし、現実は開発業者側の猛烈な巻き返しが始まっていたのである。そもそも応急の調整池(土砂の流出を防止するもの)の工事さえ、まだ始まっていない。なんだかんだと動かない。業者はできる限り簡単で安上がりにしたいらしいのである。それどころか本工事、つまり盛り土とソーラーパネルの設置工事を再開したいという声も聞こえる。

そして県も揺れ動きつつある。実質的な事業主はエバーストリーム・キャピタルマネジメントというアメリカ投資会社で、実は各地でトラブルをものともせずに事業を展開している。手練手管を持っているようだ。すでに数億円も費やしている事業、そんなに簡単には諦めない。
水路勾配の偽装をいかにクリアさせるつもりなのか詳しい手口は隠されているが、県の停止命令を引っくり返すつもりのようだ。おそらく幾十もの違反行為のうち、いくつかだけ改善して、それで乗り切るつもりではないか。そして県自体も、腰砕けになりかけている様子が伝わってくる。

ある時期まで、県は本気で中止させるつもりで裁判の準備までしていたのは間違いないのだが、それを諦めさせようとするのだから、よほど大きな力が動いたのに違いない。外資なら裁判闘争も辞さないし、おそらく国も強烈な圧力をかけてきたのだろう。脱炭素の数値目標を達成したい霞が関か、それとも外資の意を受けた某政治家か。きな臭い。
おかげで一時は止めるつもりだったのに、突如推進させられる県職員も可哀相。

それに対して、確実なストップをかけようとすると、地元の基礎自治体である平群町がはっきり反対の意志を示さないといけない。現状は、ほぼ賛成の日和見町政だが、そんな折の11月に町長選挙があるのだ。現職は引退だそうで、新人の争いになる。考える会が、反対派の候補を探していたのは知っていたが、受ける人物が見つからないらしい。とうとう事務局長が立候補を決めたというわけだろう。

さて、どう転ぶか。実は計画を中止に追い込めば済むのではなく、すでに伐採された30㌶ほどの山林跡地の後始末もかかっている。いまだに禿山のままなのだ。
奈良県には、ほかの地域にもメガソーラー計画が起きている。その進展にも影響するだろう。さらに全国に波及しかねない。(だから国も止められたくないのかもしれない。)

それにしても拙記事には、「よくぞ止めた」「奈良県すごい」「荒井知事、よくやった」の声が殺到していた。ここで日和ったら、どんな罵詈雑言を浴びせられるか……。そちらの方がイメージダウンの損害が大きいように思う。アクセスは30万を越えるのだよ。

20210630_113837

この写真を見ると、似たような景色を全国で見かけるよ。林業の皆伐現場だけどね。。。

 

追記・新聞報道によると、平群町の町長選挙に現職が立候補する模様。引退すると聞いていたのだが、(メガソーラー賛成派の)候補者が見つからなかったようね。もっとも現町長が推進派というわけではなく、単に惰性で許認可してしまって、大騒動になったという様子だが。いまさら反対できない立場で、賛成派に説得されて立候補に至ったのではないか。

 

« お土産は花束 | トップページ | 倉敷・洋館の中の和室 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

岡山にこられたときに事務所に連絡くだされば岡山寿司くらいはごちそうできたのに。

パシフィックソーラーの代表者のひとりはニューヨーク州弁護士資格のある日本人です。「ワイルド7」の遠井弁護士を連想する展開ではあります。

岡山寿司かあ。。。ちょっと残念です(笑)。

外資ファンドの代表は日本人ですか。反対運動があるとすぐ訴えてくるそうです。スラップ訴訟ですね。

しかし知事が反対していたのにひっくり返そうとしているのだから、どんなルート使ったのか。

ソーラみたいに、こういうえせ環境産業が、里山運動とかと手を組んで地方自治体にばい菌をばらまい散るんですよ。飯田●也とか人口デフレ喪谷とか変なのが裏にいてね。
ろくえもない環境運動やるなら何もしないほうがいい。いっそソーラーパネルがなる杉でも作ってくださいよ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お土産は花束 | トップページ | 倉敷・洋館の中の和室 »

April 2024
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先