無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 紅葉に見る樹木の個性 | トップページ | 五稜郭のサクラの秘密 »

2022/11/04

11月4日は何の日? 奈良県の……

突然だが、11月4日は何の日か知っているだろうか。

……誰かさんの誕生日であることは確かだが、何より奈良県が再誕した日。正確には、奈良県再配置の日である。

奈良県自体は、1868年に官軍が天領・旗本支配地を元に「大和国鎮撫総督府」を置いたことが始まりだ。そして1871年に廃藩置県によって大和の一五の藩や天領を取り込んで奈良県(当時は奈良府)が誕生した。

ところが79年、奈良県は大阪南部の堺県と合併し堺県となる。奈良県消滅である。もっとも、それには反対はなかったようで、案外、海とつながったと喜んだのかもしれない。堺とは昔から街道があって、関係も深かった。

ところが2年後、堺県はまるごと大阪府に吸収された。理由は「困窮する大阪府の経済を救うため」と、当時の文書に明記されている。

おいおい、である。当時の奈良は農林業に商工業と比較的裕福だったのだが、その財政を大阪に回すのが目的だったのである。ようするに奈良からの収奪を意味した。学校設立の縮小、道路計画の放棄が進み、大阪の地価は減免したのに、奈良は減額しないという有様だ。

しかし、その運動を徹底的に反対し邪魔したのが大阪府なのである。同じく再設置を要望してきた徳島、鳥取、富山、佐賀、宮崎は実現したが、奈良は外される。ちなみに私は大阪府生まれで幼少時までは大阪府民だったのだが、あまりに大阪側のあこぎなやり口に憤懣やるかたない。そこで奈良県再設置運動が起きる。

運動も行き詰まっていく。ところが87年に奈良の地価修正を陳情したところ、それは却下しつつも県の再設置が認められた。11月4日のことである。これが今につながる第二次奈良県である。

まあ、そんな奈良県民以外は興味の持たない歴史の一コマなのだが、実はこの奈良県再設置運動は、奈良県の自由民権運動と重なっている。そして壮年期の土倉庄三郎が運動にのめり込ませた一つの理由ではないかと睨んでいる。

ただ、庄三郎にとっては悪いことばかりではなかったようだ。奈良県の五條と吉野を結ぶルートに宇野峠があり難所だったのだが、ここに道を通そうと苦労した。当時は公共事業ではなく、沿線の金満家が資金を出して工事を行っていたのだ。土倉家だけでも十数万円(現在の数十億円)を負担しているのだが、なかなかみんな協力しない。ところが庄三郎は、大阪府の建野郷三知事と懇意だったのだ。そこで府知事が、みんなに声をかけて説得したのである。

かくして峠を超える東熊野街道は完成したのである。

11_20221104213001

宇野峠に建てられた工事の経緯を刻んだ碑。庄三郎存命時に建った唯一の碑だ。

ともあれ第2次奈良県は、135年続いているのである。

 

« 紅葉に見る樹木の個性 | トップページ | 五稜郭のサクラの秘密 »

土倉家の人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉に見る樹木の個性 | トップページ | 五稜郭のサクラの秘密 »

April 2024
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先