無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 町で見かけた謎の植物 | トップページ | 忘れられたネイチャー雑誌群 »

2022/11/19

複雑な気持ち……

古本屋で見つけた本。

20221026_145533

気になったのは、どの本でしょう。

ま、いいんだけどね……。あ、たくさん売れたから古本屋に流れるものも出てきたと捉えると、歓迎すべきことかもしれん(^^;)。母数が多いから古書として出される確率も上がるのよ。

私も、処分する本は、まずブックオフに持っていくことにしている。古書店なのに古い本は値段がつかないという現実に打ちのめされるのだが、そのまま古紙として出すよりも5円10円ぐらいの値がつくし、たまに100円以上になるものもある。小説は値が安く、硬い論説や科学書の方が高くつく。

果たして『絶望の林業』はどちらに分類されたでしょう……。

 

 

 

« 町で見かけた謎の植物 | トップページ | 忘れられたネイチャー雑誌群 »

書評・番組評・反響」カテゴリの記事

コメント

気になったのは、政治カテゴリーに配置されていた事。やはり林政学の教本と言うことですかね。

それは、私も気になっていました(笑)。なぜ、政治なんだと。
まあ、産業界の棚がなかったんじゃないか。結構、いい加減な配列です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 町で見かけた謎の植物 | トップページ | 忘れられたネイチャー雑誌群 »

January 2023
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と筆者の関連リンク先