無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« Y!ニュースに「雑草という名の草はない」…を書いた裏事情 | トップページ | 連休中の本は『かわいい隠れ家』 »

2023/04/28

NZのノラ猫ハンティングは中止

子どもたちにノラ猫を捕まえさせて賞金も出す、そんなイベントがニュージーランドのカンタベリー地方で企画された。

これは子供たちに、野良猫を銃で殺すことを競わせるもの。最も多く殺した子どもには、124ポンド(約2万1000円)の賞金が出る。そんな「ノース・カンタベリー・ハンティング・コンペティション」というイベントだ。

が、案の定というか世間の反発で中止に追い込まれたという(^^;)。

なんというか、反発する人が多数出るだろうな、とは容易に想像できるのだが、こんな企画をしたことがすごい。

もともと猫は、生態系に及ぼす悪影響が高い外来種とされるが、子どもにノラ猫ハンティングとは過激……と思ってしまうが、若干事情はちがう。もともとニュージーランドはオーストラリア以上に生物層が特殊で固有種ばかりの島だが、そこに持ち込まれた旧世界(ユーラシアなど)からの動物が野生化することで大きな被害を出している。

とくにノラ猫は深刻で、在来(固有)の鳥類やコウモリ、トカゲ、ネズミなどに大きな影響が出ている。絶滅に追い込まれる種も多い。そこで従来からニュージーランドではノラ猫を、毒物や罠、銃を使って駆除し、個体数を抑えているそうだ。

だからこそ、子どもに銃を使わせて害獣を「殺せ!」と競わせる土壌もあるのだろう。市民の理解もそれなりにあると思われる。

……それでも、猫を殺すというと、反対意見が続出するのは、なぜ?

一応の理由としては、飼い猫と区別がつきにくいから。う~ん、苦しい言い訳だ。本音を言えばいいのに。

つまり、「猫はカワイイから殺しちゃダメ」と。カワイイものは守れ、カワイクなければ殺してもいいよ、と。ちょっと感情的、いや差別的な論理だ。もっと言えばレイシズムに通じる。嫌いな民族を浄化する!発想と紙一重。

今回のイベントも、猫以外、たとえば野生の鹿や野豚を子供たちに撃つ競技は、予定通り実施されるという。鹿もカワイイと思うけどね(笑)。ノブタだって……見様によっては(笑)。

20230428_201842

ボルネオの「猫の街」のお土産。この猫(の木彫り)はカワイイ?カワイクない?

 

« Y!ニュースに「雑草という名の草はない」…を書いた裏事情 | トップページ | 連休中の本は『かわいい隠れ家』 »

ナラシカ・動物・獣害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Y!ニュースに「雑草という名の草はない」…を書いた裏事情 | トップページ | 連休中の本は『かわいい隠れ家』 »

April 2024
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先